ながーい面接終わりました

朝9時前に話がはじまり
 
施設長との対話

すぐに職員の人について仕事の手伝い

面接というか利用者の方々職員の方々そしてわたしとの

おもしろい葛藤の格闘の探りあいの一日でした

今日の面接は3名

最後にまた対話

 施設長「職員に聞くとあなたはなにか職員の仕事に対して意見を持っているようでいて,職員がそのことを聞くと別になにもありませんと否定してしてしまうらしい。それが悪いというのではないがなにか言いたいことがあればその場で言ってほしい」
 わたし「なにぶん実務は未経験なものですから,それにはじめてお邪魔した施設で勝手なことも言えないと思いましたので」
 施設長「そういうところが職員の誤解を生んでしまうかもしれませんね。その場で具体的な疑問があればどんどんその場で意見交換をして,難しいことはみんなで検討していくようにしたいと思っているんです」
 わたし「たしかにそうでした。その場で気がついたことがあれば,その場で言えるようにしたいと思います」
 施設長「そうですね。その姿勢で臨んでいただきたいと思います」

たぶんそんな内容の施設長からのお話がありました。
反省する点や,職員の方はそう思っていたのかという,なんだか複雑な気持ちになりました。
若くてきちんとした職員がそろっていると感じましたが,わたしを見る眼はかなり厳しいものがあったのでしょう。もしかしたら,今後いっしょに働くにんげんになるかもしれませんから。

ともかく,7時間以上にも及ぶこんなに長い面接ははじめてでした。
あとは,施設長の判断とわたしの決断によって結果が出ます。

仕事としてはオールマイティが要求されますが,たっぷりと時間に余裕をもった仕事ができる職場です。ただ待遇としてはあくまでパートで社保等がないのが不安であります。

ともかく最後はわたし自身の決断なので,十分に検討してみたいと思っています。

ただこんなに長い面接はちょっと感動的でした。

もう少し自分に力があればなあと,ちょっと嘆いてみたりしたけど,ともかくどこで働くにしても心構えはしっかり持たなくてはと今日実感いたしました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年03月28日 21:28
お疲れ様でした。いつものように、はいどうぞ( ^-^)_旦"" 
私は今日、ちょっと午後から具合悪くて、珍しく横になってしまいましたけど、その頃、まだなが~い面接中だったのですね。*^-^*

つまり、一日実習だったのですね?
働くことを前提にしての実習の目的は、仕事の内容以上に職員とのコミュニケーションが大事だったからなのでしょうね。
職員の方も仲良くやっていけるかどうか、また、泪のしずくさんもこの職員たちとやっていけるかどうか、その辺が一番の目的だったのかな?と思いました。
特に福祉関係というのは、仕事の内容も「人と人」「心と心」ですものね。厳しいけれど、一番現実的な「生きる」ことのテーマがあるように思います。「待った無し」のところですからね。
本当に、お疲れ様でした。<(_ _)>    
2005年03月28日 21:40
ともかくありがとうございます。
いろいろ勉強になりました。
施設長は久しぶりに人間的に尊敬できる方でした。
あとはまた自然にまかせて,前進いたします。
ともかく,ひと休み,ひと休みΘ^^Θ

この記事へのトラックバック