明日で職場を去るひとが4人

定年退職で職場を去るひと

家族の介護のため職場を去るひと

新たに勉強をするため職場を去るひと

そして新しい家族という職場を求めたわたしというひと

それぞれの思いをこめて

それぞれの想いがこうさくして

波のように寄せてはかえす

風の強い日に風に向かって

自転車をこぐような厳しい環境のもと

そこから新しいそれぞれの道に旅立つ4人

定年後の自由な生活を謳歌したいひと

家族の介護に真摯に取り組むひと

ふたたび学び取る道を選んだひと

そして介護侍として修行の道に出たわたし

それぞれの覚悟とそれぞれの目的が

4人の明日もちがう明日にしている

さまざまな思惑の飛び交う送別会

主賓はひとりだけ参加し

わたしは小さな脇役として参加するが

あとの2人は思惑に足をすくわれて

明日はすこしさびしい送別会になる

なにかこんなに悲しい職場だったとは

みんなの想いがつながらない

ひとりひとりは決して意地悪でなくなんとか相手を思いやろうとして

結局距離がはるかに離れてしまっている

それがそのにんげんのにんげんたる姿が

やはり離れたりくっついたりするさだめなのか

どうしても遠くに去ってゆくひとを

無理やりつれてくることはできない

こころが一度離れてしまうと

なかなかもとにもどれない

わたしはそんな悲しい送別会に

少しのむなしさと少しのやるせなさと少しの送ることばをもって

自分もまた永遠の旅人であることを自覚する

わたしは今いろんなひとに支えてもらっている

その支えはいつの間にかわたしのところに

訪れてきたのか自分から求めていったのかはわからないが

いろんなひとと出逢い別れ会話し笑い泣き怒り愛し憎み苦しみながら

その思いを人生のなかの映像のひとつとして

わたしはひとりの介護侍として自分の腕をみがきこころをみがきながら

また新しい出逢いと別れに一喜一憂するかもしれない

もう逢えないかもしれないひとにも

わたしのなかでは生きつづけるひとたち

死ぬまでに書き残しておきたい

ありがとうにんげん

一期一会にわたしのなかに残ったその影響が

わたしの生きる力となってきたのかもしれない

もうわたしのこころのなかの送別会は終わっている

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年03月31日 05:05
ありがとうございます。
定年される主賓の方に感謝感謝の一日を送ります。
シロ
2005年03月31日 07:40
「ありがとうにんげん」が頭から離れません・・
2005年03月31日 22:06
ありがとうシロはんΘ^^Θ

この記事へのトラックバック

  • それぞれの旅立ちの日

    Excerpt: 「明日で職場を去るひとが4人」について 泪のしずくさん、お仕事お疲れ様でした。 泪のしずくさんを含めて4人の方が職場を後にし、新たな人生の船出をなさるのですね。 *定年退職で職場を去るひと  .. Weblog: 自由気ままに@WebryBlog racked: 2005-03-31 02:42