狼・ヲコゼ・山の神

 日本に狼が最近までいたかどうかはわからない。しかし動物学上の狼でなく民間でいうオホカミは棲息していたとみてよい。狼と山犬の区別は明らかでない。東北地方では御犬といって狼とはいわない。関東から西へかけては山犬と狼を別種だと解する者と,同じだと考えている者がある。三河北設楽郡では山の犬は狼でない,狼は海辺のものだという。伊豆や甲州の山中では山犬というものに二通りあって,一つは狼のことでこれは神様であり,今一つは地犬が山に棲むようになったノイヌのことである。また別に狼の山犬が病気になったヤマヒイヌを略してヤマイヌということもある。
 狼は御犬と敬称されているごとく霊力あるものとして畏敬され,人間に対して庇護を与えるものとして信ぜられた。秩父の三峰とか遠州の山住とかは狼を大口真神として信仰し,その姿を描いた御札を講中の者がいただいて帰り,神棚や門口に貼って盗難除け・疫病除けの御守りとする。
 送り狼の話はひろく信ぜられ,狼が人についてきて道中を保護したり,袖をくわえて旅狼の群から危機を救った話が諸地方に語られている。
 信州では狼を山の神として崇敬し,狼が仔を生むとウブヤシナヒといって団子や餅を重箱に入れて狼の穴の入り口に置いてくる風習があった。 <「民俗学辞典」東京堂出版より・参考文献「狼のゆくへ」「狼史雑話」柳田國男著>

 ヲコゼは海魚の一種で,花ヲコゼまたは山ヲコゼというものを山の神の供物にする風習は,全国的に見られる。その信仰の起りはまだ明らかでないが,狼がこの魚を好くとか,山の神は醜いので,これをあげると自分よりまだ醜いものがあるといって喜ぶなどという。ヲコゼを山の神に供える山の幸を授かると信ぜられ,御礼にヲコゼをあげるから獲物を得させてくれと山の神に祈願する風がある。   <「民俗学辞典」東京堂出版より・参考文献「山の神とヲコゼ」柳田國男著>

 山の神は男神だという所と,女神だという所とするところがある。あるいは木地屋のように夫婦神として信じるものもある。
 山の神を女性とする所では女を忌む話があるが,本来は山の神の祭りは女性の管掌する所であった。山の神の供物で特色のあるのはヲコゼという海魚である。山の神は殊の外この魚を好み,これを供えて神の恩寵を期待する風習は広く見られる。ヲコゼは海魚のほかにいろいろなものの名称となっているが,いずれも山の神の好物とされている。
 山の神の御使いとしては狼が御犬の名で信仰されている。また蛇や猿も山の神の使者あるいは山の神そのもののごとく考えられている。  <「民俗学辞典」東京堂出版より・参考文献「山の神とヲコゼ」柳田國男著・「山と人と生活」高橋文太郎著・「山の神考」金田一京助著>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック