みしはせ

わたしはみしはせの末裔である

ただしその出自は定かでない

比羅夫に皆殺しにされたのかもしれない

ただその血は永遠に忘れない

のちのまつかつなのか

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

希望
2005年06月20日 00:00
みしはせ、比羅夫、まつかつ。聞き慣れない言葉のひとつひとつを調べてみると、日本書紀に出てくる話だということは分かりました。
泪のしずくさんは、その末裔ですか?
それとも創作ですか・・・

いろいろあると思いますが、捉え方によってはそれからも解放できるのではと思います。
今日、この告白がスタートの日ではないでしょうか・・・
泪のしずく
2005年06月20日 03:04
ありがとうございます。
離れれば近づき,近づけば離れる。
ことばはいつかすべての呪縛からの自由を与えてくれると思います。
ご忠告,真摯に受けとめ,太陽系を外から見られる自在なとらわれのない目を,もっていたいですΘ^^Θ
希望
2005年06月20日 08:33
おはようございます。
「忠告」とは意外な言葉ですね。*^-^*
そういう気は毛頭ございませんが、そのような受け取り方もあるのかと、あらためて思いました。放たれた言葉は、独り歩きするものですね。つまり、どのように受け取られても相手次第だということです。
希望
2005年06月20日 11:42
おっとっと・・上のコメント、改めて読んでみますと、高飛車に受け取られかねないですね。
活字だけというのは本当に難しいです。
私のコメントは、あくまでも感想です。指導とか忠告とか、全くそういう気持ちではないことをご理解くださいね。そんな大それたことできる人間ではありません。*^-^*

>離れれば近づき,近づけば離れる。

実は、これに関しては、理解しかねています。
当然、私に対するコメントですから私のことと受け止めるのが妥当かと思いますが、コメントは出来る時もあれば出来ない時もあります。そして、コメントも一つの反応ですから、黙ってみているだけということもあります。
泪のしずく
2005年06月20日 19:06
こんばんは。
特に深い意味はないのですが…Θ^^Θ
自分はその時の精神的な状態によって,同じことばでも受け止め方が極端に変化してしまいます。今はすこし躁状態で,頭の中が走っている感じでたぶん脈絡のないコメントになっていると思います。
 なにか全速力で走りたい気分でいっぱいです。すいません,では,行ってきまーすΘ^^Θ
泪のしずく
2005年06月20日 19:10
それから,最近妄想と現実の区別がつかないことがあるので,どこからどこまでがどうかということについては,わたしにもわからないので,どうかそのように,わたしはその時の頭に浮かんだことを文字化しているのです。
 それでは,ほんとに行ってきまーすΘ^^Θ
希望
2005年06月20日 21:24
こんばんは。
走ってきて気持ちよかったですか?
きっと爽快な気分になられたことでしょうね。

この記事へのトラックバック