20歳まで生きられた

第73回のお題★「過去・現在・未来、それぞれの『20歳』」」について
17歳の春に

ハタチの前に

命が尽きると思った

自分という存在が

あと3年も

もつなんて思えなかった

ともかく

まわりのもの・ひとすべてが

こわくて

自分がこの世に生まれた

こわさに

いつも

ふるえていた

18歳で都会で一人暮らしをはじめ

体重が10キロ減った

ズボンがすべてゆるゆるになり

夜は眠れずに

生きてゆくことが

つらくて

このまま朝が来ないと

夕方まで眠り

起きたときに

なにも食べられなかった

20歳を迎えたとき

この後の余生を

どのように過ごそうか

からっぽになったまま

だれとも会わずに

何ヶ月も過ごしていた





あれから

何十年もの年月が過ぎ

今は与えられただけ

自分を必要とするひとがいるかぎり

生きていこうと思っている


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック