郵便番号

市町村合併でも

変わらない

その地域は

同じ数字で

番号の変わらぬまま

ちがう都市になった




郵便配達員はやがて民間になり

義務的に数字どおりの配達を行なう

それもアルバイトがほとんどで

正社員は小さな局舎のなかで

今日もパソコンと苦情の電話の処理である




番号は書かなくても配達はするだろうが

頭の悪い区分け機械は全国に郵便を撒き散らし

正しい地域に送られるまで

何回もたらい回しを繰り返す

年賀状は小正月に入ろうとした頃やっと配達される




もし郵便番号をうろ覚えなどで書いたりしたら

どこに行くのか楽しみである

年賀状作成ソフトで完璧に仕上げても

誤変換はつきものである

すべて人間は機械の手下なのである




もう電子年賀で郵便番号は死に絶える

DMもEメールでどんどんやってくる

いったん知れ渡ってしまったアドレスには

有象無象のネットの詐欺師が手ぐすね引いて待っている

まだ届かない年賀状を待っているほうが健全かもしれない




1通も書いていない年賀状

郵便番号つきの住所録はすでに登録されているが

今からではきっと

10日ぐらいに着けばいい方だろう

大方の予想通り

郵政民営化はする前から失敗してしまった

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック