水馬・水蜘蛛・みずすまし・まいまい・風船虫

半翅目アメンボ科の昆虫。細い体と長い脚を持ち水面を滑走する。



 辞令をもらったのは、6月30日だった。
明日から、思いもよらぬ第二の人生の始まりだ。
 なんの取り得もなく、つぶしも利かない、ただの中年のおっさんとなる。
 日雇いの派遣や肉体労働にしろ、たぶん勤まる見込みはないだろう。小さな虫にも劣る魂と性根の座らない情けない落ちこぼれ。病気で働けなくなって一年半が経っていた。
 くだらない身辺整理を行ないながら、培養器で増え続ける菌類の多彩さに、自分の足を伸ばせたらいいのにとかなわぬ願いを落としてみた。
 今日から、自分の墓石を探す旅に出る。利根川水域の石泥棒は中年の影法師かもしれない。いくら歩いても見つからない。星条旗と日の丸のクロスする柄のTシャツが黄色い染みになっている。



 台風が去った後の路地裏にその墓石はあった。まるでジェイソンが墓から蘇ったような不吉な予感のする雷石。その近くに小さな水たまりがあった。
 想い出が頭をよぎった。水たまりを飛び越えようとすると、かれらが水たまりの上をすいすいと移動している。まるでこの世のしがらみがなにもないようで、小学生の未来のように軽々と自由で、飛び越える自分の足が小さく見えた。



 土の中に横たわると、自然と泪があふれてきた。
 ロープを引っ張ると、大きな雷石が墓穴をすっぽりと埋めた。
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック