映画「天然コケッコー」

失ったのは過去でなく

今を見つめるこころだった

どこにでもある

だれにでもある

日常の中のちょっとしたこと

そこに原点はいつもある



校庭の隅のプールで

25メートルをはじめて泳ぎきったとき

そんな気持ちはいつも

なにをするにも

すがすがしく

なにかをつかみとることの

達成感が生まれてくる



校舎の硝子を割ってしまって

友だちが手のひらを深く切った

ぼくたちは線路向こうの硝子屋さんまで

窓硝子を取りに行って

みんなで抱えて学校まで歩いた



いくつも失敗や間違いを繰り返しながら

まだそれを続けている

今もなおその中で

ジタバタしながら

ときどき青い空を仰いだりしている



だれもが持ち続けるそれは

あたたかくてちょっぴりかなしい

胸の奥にひそかにしまっている金色のボタン

病院に通う車窓から眺める空も

いつもと同じ地球を包んでいる



さあ行こうか

またこの瞬間から

歩きながら走りながら

また鶏は鳴いている

行きずりの人たちは

笑いながらそっと

それぞれの道を歩いていった


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック