映画「sweat rain 死神の精度」

雨の場面ばかり

主演の死神が雨男で

なにしろ青空を見たことがない

たぶん何百何千年もの間

死神の寿命って何年ぐらいなんだろう



金城武さんの演技は安定感があって

観ていてもすんなりと入っていける

また死神という役にも合っていて

少し浮世離れした謎の男という

不思議な存在感をかもし出していた



小西さんも脇役の方々も

富司純子さんも素敵だったし

映画としての完成度はともかく

すっきりと観られる作品でした



原作はわたしの好きな伊坂幸太郎さん

原作はこれから読むつもりです



雨の場面ばかりで

役者の方々がずぶ濡れになるシーンが多かったので

風邪でもひかないかと心配しました


自分にとって風邪は大病なので

思わず最後に青空が見えて

ほっとしました



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

うみ
2008年04月01日 17:19
4月に、なったのに寒いですね(><)、この時間からの読書は、老眼鏡が,頼りですね!肩こり過ぎないように、食事もしっかり摂ってください
泪のしずく
2008年04月01日 18:56
はい、ありがとうございますΘ^^Θ

この記事へのトラックバック