心不全

心不全とは、心臓のポンプ機能の障害(収縮機能障害、拡張機能障害)のために末梢臓器の代謝に必要な血液量を供給できなくなり、臨床的になんらかの症状を起こす状態である。心拍出量の低下による酸素欠乏から生じる呼吸困難・易疲労性・チアノーゼや、肺や全身の臓器の機能低下及び疾患、血管の鬱血から生じる諸症状が現れる。右心不全より左心不全が多い。急性心不全はほとんど左心不全である。

【誘因・原因】
 先天性心疾患、虚血性心疾患、不整脈、弁膜症、心筋疾患など、すべての心疾患が原因となる。
 心疾患以外に甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、慢性肺性心、重症貧血、脚気などに伴う二次性心不全もある。
 心不全はおおまかに分けると、右心不全と左心不全に分かれる。
 右心不全と左心不全を合併した場合、これを両心不全という。
 左心不全は、左心系からの血液の拍出量が減少するために、左室・左房圧が上昇し、肺循環系の鬱血をきたす。また、末梢組織の酸素需要に必要な血液量を供給できなくなる。
 右心不全は、右室・右房圧が上昇し、ひいては静脈系に血液が滞り溜まる。
 心不全が何らかの原因により急激に悪化した場合や、急性心筋梗塞によって突然出現する心不全を急性心不全という。そのほとんどが左心不全である。

【病態】
 心臓のポンプ機能の障害によって生じる。
 多くは左室の収縮機能低下に伴うものであるが、収縮機能は保たれているのにもかかわらず拡張機能低下に伴って出現するものもある。
 左心不全と右心不全、両者が併存する両性心不全がある。
 慢性、進行性の慢性心不全が多いが、急性心筋梗塞などにより急激に悪化するものを急性心不全という。

【症状・臨床所見】
 左心不全:発作性夜間呼吸困難、起座呼吸、喘鳴などの症状を認める。
 心拍出量の低下がある場合には意識レベルの低下、全身倦怠感、尿量減少、運動能力低下などを認める。
 右心不全:頸動脈怒張、鬱血肝、胸水、腹水、四肢浮腫などを生じる。

【検査・診断・分類】
 胸部X線検査、心電図、心エコー検査、心臓カテーテル検査、CT、MRI、核医学検査など。
 生化学マーカー検査:血漿BNPは心不全の重症度とともに上昇する。迅速に測定可能であり、重症度判定と予後の予測に広く使われる。

【治療】
 安静療法、食事療法。
 利尿薬、酸素吸入、強心薬、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)、β遮断薬による薬物療法。
 心臓ペーシング、両心室ペーシング(心臓再同期療法)。
 重症例には酸素療法(非侵襲的陽圧換気療法:NPPV)、大動脈内バルンパンピング(IABP)、経皮的心肺補助法(PCPS)、補助人工心臓(VAD)などを行う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック