交通事故顛末記・頭部打撲

あっと思ったら右から来た車に衝突

ぶち当たる瞬間

ああ終わったと

思い切り頭をどこかに

衝撃波と声が

だれか呼んでいる

なんでこんなところから

こちらの道が優先だから

なにか答えながら

110番をしていた

119番もしながら

会社にも電話しなくちゃ

声がうつろで頭がぼんやり

なんとか連絡を終え

警察到着免許証を出す

救急車到着事故の状況と

右側頭部の痛みを訴える

身体を完全に固定され

まさに拘束された死体のように

病院に運ばれた

真っ暗な部屋で検査

医師の異常なしという声と

注意書きをもらい

車椅子で退場

保険会社と連絡がつき

家族の迎えにホッと一息

自力で歩き車に乗って

会社にも寄って事故報告

生きて帰るという

また悪運の強さか

きっと神様はウィンクしながら

舌を出しているにちがいない

まだ頭の痛い日々がつづく





重症頭部外傷治療・管理のガイドライン 第3版
医学書院
日本脳神経外科学会

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 重症頭部外傷治療・管理のガイドライン 第3版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2016年06月18日 00:20
大丈夫ですか。

心配しましたよ。

私の運は貴方に全部あげますよ。

仲間ですから
泪のしずく
2016年06月18日 02:57
ありがとうございます。
幸い、軽傷で済みました。
運をいただいたのだと思います。

この記事へのトラックバック