赤いバットを師匠と探しに行く

S師匠は野球の監督をしている

弟子もたくさんいるため師匠と呼ばれている

わたくしは弟子の人たちの友人のひとりで

S師匠の自宅にたまに出入りさせてもらっていた

バットがなくなった

S師匠の命から1番目に大事な赤いバット

床の間に飾ってあり

甲子園優勝の時に

ゲン担ぎで持って行ったバット

だれかが盗んだ

それもこの家に出入りするだれか

わたくしはS師匠に頼まれ

バットを一緒に探すことになった

バッティングセンター

野球場

野球部の部室

倉庫

公園

道端

ありとあらゆる場所を

しらみつぶしに探したが

どこにもその赤いバットはなかった

世界でひとつだけのものを探すのは

いちばん難しい

それを持ち去った人は

いったいどんな気持ちで

その赤いバットをどうしようというのだろうか

S師匠への復讐か

それともその赤いバットが欲しかっただけか

またほかになんらかの意図があったか

一週間探し続けたあとで

ふとS師匠がつぶやいた

もうやめよう

たぶんそれは

見つかった後の

悪い気分を想像して

たぶん犯人がわかったからだろう

しばらくして赤いバットは戻ってきたと聞いた

S師匠が出かけて家に帰ると

赤いバットはいつの間にか床の間に鎮座していたというのだ






ニンジャ・アベンジャーズ(吹替版)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニンジャ・アベンジャーズ(吹替版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ニンジャ・アベンジャーズ(字幕版)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニンジャ・アベンジャーズ(字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック