郵便物を食べる化け物

何万通もある郵便物を郵便番号読み取り区分機に設置すると

やつらは必ず深夜にあらわれた

その口は四角い

まるでポストの口のように

するすると郵便物をつかんでは口に入れてゆく

そのうち身体の全体が膨らんでくる

彼らの見かけは丸坊主のひょろ長な身体だが

口だけ四角くて異様に大きい

目はあるかないかわからないほど小さい

鼻は子供のようにかわいらしい

くちびるはない

耳もない

何を言っても聞けない

力はとんでもなく強い

その口に何万通から何十万通の葉書や封書が呑み込まれると

彼らの身体は徐々に巨大化してゆく

最後には慎重が天井に届くほどに大きくなり

腹も大きく膨らみ

手足も巨大化してくる

ここに至り

なすすべのない職員とバイトたちは

郵便を置いて逃げ出す

後は野となれ山となれ

命からがら監察官に通報する

監察官は郵便局の警察であり

やがて巨大化した化け物は

その監察官も一呑みしてしまう

それから警察や救急車がぞろぞろと到着するが

局舎を突き破り怪獣となった化け物は

パトカーや救急車まで呑み込んでしまう




そこでやっと目が覚めた

腹がいっぱいで

どうやら仕事中にまた葉書を食べてしまったらしい


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック