ランドセルキッチン・二人の世界

わたくしたちはおたがい邪魔にならない関係で

おたがいの不幸を忘れる夢に似た浮遊を感じていた

たとえば世界はとてつもない大きな箱でできている

その四方の壁をよじ登る人を見ていると

アリがビルを昇っていくようで

最後にはアリは力尽きて地上に落ちる

それでもアリたちは上りつづける

登る昇る上る

すべてを四角い箱から

その向こうにもまた四角い箱があることを知らずに

ウサギの耳のように赤く腫れていた彼女は

父親の虐待をそれほど恐れてはいなかった

寂しい人なにをやってもうまくいかないで苛立つ人

かえって父親は彼女の母性愛を刺激した

それでも散々に殴られ蹴られ体中にできた痣を見ていると

彼女はまるでマリア様のようでもあり赤黒いルシファのようでもあった

妖艶にいたぶられることに従順に従いながら

じつは父親をどん底まで追いつめていた

その目は慈愛をたたえながら父親の薄い運命を見透かしていた

わたくしは父や母からも相手にされず

ひとりで家に籠りながら

彼女のやさしさと冷たさを交互に浴びながら

不思議に天国のような地獄とは

いったいだれが想像するだろうかと

一種の愉悦にひたりながら

おたがいの家の惨憺たる有様を

いずれ時の魔人が解決してくれるだろうと

帰って来ない両親を待ちながら

ボロボロになった彼女を家に迎え入れ

8歳のふたりは性交のまねごとをして遊んだ

高い空には黒い雲が覆いはじめていて

わたしくしたちの遊びはただまねごとだけで

いつも現実や真実からは置いてきぼりにされていた


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック