ジャックナイフの夜

切れ味は鋭く

夜は歯切れが悪い

いつまで続くのかこの疲れた時間は

胸に一秒が

足に二秒が

腰に三秒が

頭に一時間が

すべてイザコザに居座って

それを切り取るジャックナイフもない

不変の真理とか

永遠の命など

鼻先で落下していくものと

口の両脇に嫌味な笑みを浮かべ

鋭さなんて生きていく上では

いさかいの種にしかならないと

愚鈍な自分を演出して

時に一分を無念無想に溶かし込んで

まるで賢者のように

まるで無垢の赤子のように

鞭に耐えこころの鎧を身に着け

聞えないことばを素通りして

いつも一秒に失望しながら

ほんとうはジャックナイフの夜を

おのれの首を切り裂くように

終えたいと思うのだが

鎧が解けないからには

すべてが守られて

なけなしの謀反は

いつもなかったような失敗に終わる夜と化す


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック