人生は始まる時から苦痛に満ちている

あなたの先輩Aさんは悩んでいた

25歳で結婚して12年間子供に恵まれなかった

Aさんの妻は一つ年上でもうすぐ40歳になる

もう子供はあきらめようかと思い

二人で旅行に行って気休めにでもなれば

これから二人だけの人生を楽しむきっかけになれば

海の近くの宿に泊まって

波の音を聞きながらゆっくりと眠った

その日から世界は変化した

変化というのは妻の妊娠であり

それは思いもよらない吉兆のはずであったが

じつは果てしない暗渠への入り口でもあった

ほんとうはAさんの子種はなかったのだ

妻の体に自分の子供を宿すことができないと

医師からも匙を投げられていた

それが突然の妻の妊娠

怒りがAさんの頭を突き抜け

妻にとんでもない罵詈雑言を浴びせ

妻の人格や人間性のすべてを否定した

Aさんは自分でわけがわからなくなり

妻を実家に帰らせ

ひとり自室にこもり

会社にも行けなくなった

妻の生む子供は他人の男の子供

それを育てるつもりはない

妻と離婚をしようと思って

離婚届の用紙を持ってきて途中まで書いて破り捨てる

意味がない

まったく生きていることも

死んでも生まれても

なにもかも机をハンマーで叩いて

ボロボロになるまで破壊しても

なんの気持ちの整理もつかない

いまだに行き着く先は

どこだかわからない

今までの人生が泡のように消えて

悪魔のような子供が生まれて

妻のあふれんばかりの笑顔が

なにも変わらない

自分はどこにも逃げられない

酒を飲んでも酔うこともなく

薬を飲んでも眠れない

妻と子を殺しても

無意味に罪を着せることになるだけ

自分が死んでも

永遠になかったことにはできない

それが明日になっても

百年たってもなにも

この世が変わらず

幸福に生きるものはずっと

幸福のままであるということが

むなしく胸を刺してくる

自分で自分を穢しているうちに

やがて妻の実家から

あの子が生まれたという知らせがあった

妻はあの子を生んだとたん絶叫して気を失い

二度と子供の顔を見たくないと言っている

あなたが引き取りに来てください

義母が冷たく命令する

どんな子が生まれたのか

それにしても

人生は始まる時から苦痛に満ちている

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック