検温31℃

 だれもが、ひとりから四人になった。長い袖のブレーカーを裁断しながら、夜の街は、裸足で歩いていた。 完全に潰えてしまった遊びのコックテイルが、長い空の川面に浮かぶ塵たちを、舐めるように沈めていった。 腐ったミカンから邪な友情が生まれ、今夜ここでの刀剣乱舞。 涙に似たカフスボタンが置き忘れた四人目のナイフをひさいでいる。 楽な手ご…
コメント:0

続きを読むread more