がん患者のため息

手術する度に何かを失くす 心肺機能低下 排尿障害 男性機能喪失 オムツ生活と 酸素吸入 それでも抗がん剤の苦しみから解放されて まだ生きている それは十分にしあわせ 癌の進行や転移で 治療不可能な人 自分もそうなるかもしれない ただ今はまだ やれることはやって…
コメント:0

続きを読むread more

前を向け進ぬ

進ぬ老年探偵団 ハツラツと あくせくと 衒いなく 熱心に できる限り 進ぬ老年探偵団 雨にも 中傷誹謗にも リストラにも 負けません 生きている時間を 少しでも長く 電卓 パソコン 六法 実務 質問と回答 いつもできるだけ笑顔で …
コメント:0

続きを読むread more

歳を取ると過去の人たちが夢の主役となる

死んだ同級生 30年以上会っていない旧友 病気で苦しんでいた先輩 大きな声で演説していた人 いつもなにも話さずだれとも打ち解けなかった後輩 退職していった人たち 仕事ができない営業ができない ぷれっをかける上司 配置転換をちらつかせる上級上司 面談と非難と飴と鞭 人格否定 …
コメント:0

続きを読むread more

名前を忘れる

昔お世話になっていた人 先輩同輩後輩 何十年も会わないうちに 毎日顔をあわせて 一緒に仕事や活動をしていた人たち 名前を忘れる 思い出すこともあるが ずっと忘れてしまい 顔は覚えているが 名前が出てこない人たち 申し訳ないと思うが 子どもの頃の記憶のほうが鮮明で 中…
コメント:0

続きを読むread more

絶望か希望が

友だちはいつも仲間に囲まれ わたしはいつもひとりだった 仲間は鬱陶しいが懐かしい ひとりは気を使わないが物足りない 友だちは大人だった わたしは偏屈な子どものママだった あの時もう少し ああしていたら こうしていたら 仲間に入るように 入れてもらえるように 素直になってい…
コメント:0

続きを読むread more

そこに閉じ込められている

ここは洞窟の中だ 入り口には扉があり 出口はあるのかないのか みんなかたまって身を寄せ合っている 特に指示はない ただここから出られない 閉じ込められている 知り合いが あんたもいたのか 何をすればいいんでしょうか わからないよ M君はどうしましたか たぶん別のとこ…
コメント:0

続きを読むread more

ジョブ型雇用

フリーランス 定収入なし 非正規 自由 カッコいい 能力次第 スキル上げ 宣伝力 営業力 手に職 特別な知識や技能 人柄関係ない コミュニケーション能力なくても 生産性高いコストパフォーマンス 人より人材 あなたは会社の材料です 優秀で生産性…
コメント:0

続きを読むread more

ひとり漫才

小学生の頃相方がいて 漫才をやっていた 大人になり 孤独なひきこもりと ひとり漫才を鏡の前で 笑った 面白くなさすぎて 泣いた 鏡の中のそいつは怒った ひとりごとが 漫才にものがたりに 将棋の天才 卓球の世界一のカットマン リングで三人殺した奇跡のチャンピオン…
コメント:0

続きを読むread more

真っ黒ブログ

首狩り族 ララバイ 夢見 飛行機墜落 ジェットコースター脱落 サーキット大事故 ブリッジ崩壊 順番待ち 死の並び 正夢 予知夢 対策裏目 身体に鉄の棒が刺さる 石で目玉を貫通する 感電死 奇妙な変形ねじれ死 焼きごろし 落下物危険 …
コメント:0

続きを読むread more

我が夜は夢から夢へさまよう

これからはじまる 奇妙な過去と未来の繰り返し 授業がはじまり 映像が流される これはいつの時代でしょうか それはわたしの青春時代 いやおれの長男が生まれたころ あたしがグレてたとき わしの家内が亡くなった おじいちゃんがまだ生きていた 子供たちは一緒に踊り 彼女は舞うよう…
コメント:0

続きを読むread more

お昼休みに

満腹 眠い まだまだ午後6時まで仕事 頑張らないが 頑張っているように テレワークも しんどい 行ったり来たりの 放浪ワーク 夜は試験勉強と課題作成 まだまだ読書も語学習得も 睡眠学習動画学習 日常みな 働かざるものすべるべからす 食わざるもの走るべから…
コメント:0

続きを読むread more

なんだかんだで2月最後の勤務

あっという間に 今年も2か月が過ぎる なんとなくサポり癖が やる気もあったりなかったり 波が上下にありまして 明日はどうなるか 今日をありがとうと生きて 明日が来れば儲けもの 約束されない未来を 悩んでもしかたない 今日も生きていることに感謝感謝
コメント:0

続きを読むread more

あまつ風雲の通い路吹き閉じよ

命短し恋せよをとめ 姿も見ないつま 離れてもきずなは赤い糸ばかり 逆らわず言いなりになる をとめの姿ずっとむかし あさぼらけ あたまもぼけて 目もかすみ をとめの姿もぼんやりと はっきり見えない よかったか 春雨に 濡れてコロナに かかりけり 不吉なる …
コメント:0

続きを読むread more

認知症エトセトラ

厳しさが増すたびに あなたは不気味に笑う わたしが笑顔で問いかけると 突然怒り出し 出てけ出てけ 怒鳴られ退散 しばらくすると すっかり忘れ 笑顔でこんにちは 尿臭も便臭も 気にしないし あそこにいるちっちゃいおねえちゃんに しきりにあいさつしているが この部…
コメント:0

続きを読むread more

されど怠惰な日々

いちばん勉強すべきだった三十代 無駄に遊び呆け 馬鹿みたいに金も使い 酒も飲みあちこちに出かけ 危ない目にも 道端で眠ってしまい 危うく見ぐるみはがされ タコ部屋で 働いて 汗泥まみれ 解放され なんとかまともに 夜はこわい 人を凶器にする いろんな連中…
コメント:0

続きを読むread more

寒い寒い寒い

ただただ寒い 布団から出られない 産前産後休業 出産日は産前として 出産日の翌日から起算して56日 課題提出をやりながら やはり布団に入り 腹も減ってきた さっきの課題の起算日を間違えた 直さないと 布団から出られない ストーブもエアコンもない部屋 寒い寒い寒い
コメント:0

続きを読むread more

蛇に咬まれる夢

田舎の駅に着いた まわりは草や木に囲まれた ゆたかな自然にあふれ ぼくは古い木造の家に泊まる 広い縁側の向こうには 湿っぽい草地があり なにか不気味な生き物がいる 時々ガサゴソと音がする また音は聞こえないがなにかが動く気配 少し夏の暑さがはじまり 縁側に座って涼しい風に気持ち…
コメント:0

続きを読むread more

アンポンタン

さらば日本 きみはどこに行く ニューヨークか パリか それともアゼルバイジャンか 袋田の滝も 矢切の渡しも 四万十川だって 黄泉の国 樹海村 新疆 越南 ラオス 粟島 チョモランマ 犬鳴村 野麦峠 津軽海峡 千本桜 剱岳 …
コメント:0

続きを読むread more

きさらぎにためいきをつく

あたりまえ あたりまえになり あたりまえにいき あたりまえにしぬ きのうまで元気に生きていた それが今日はまっしろく寝ている 心臓も呼吸もとまり どうこうも開いて 死亡確認 ご臨終です なぜか その一瞬で あきらかに ちがう世界になる 扉はひらいたとたん…
コメント:0

続きを読むread more

出勤前のひととき

朝が 出勤を 行きたくない でも行く ねばならないか サボっても 仕事のことが 気になって 気持ちが休めない 今はできることを できるかぎり 人は人を裏切り それでもまたこれが最後と 見捨てない だれかが命の糸を つなげてくれ 信頼は残りわず…
コメント:0

続きを読むread more

見誤った人

疑心暗鬼は 人を疑う ところがそこに とんでもない落とし穴が 実はより身近に敵はいる 味方のような顔をして 密かに あなたを陥れる 間違いなく あなたは操作されている あなたの言う通りに いつも先回りして 助けるふりを 気づかない 実はあなたの敵は目の前…
コメント:0

続きを読むread more

アピアはあはあはあはあはあはあはあはあは

伽藍に立ち 仏を拝む だれもが賛同して あたたかく受け入れ 感謝の気持ちで いさぎよく 謙虚に 祝福をいただき やっと現実の一歩が 進められる 勘ではなく それはたしかな証拠たる いのちをもって 証明できる このひとつひとつの仕訳が 最後の収支を導…
コメント:0

続きを読むread more

勧善懲悪勧悪懲善

悪いやつほど長生きする 善人は早死にする 悪いやつは金で解決 善い人は貧窮に満足 悪いことしてもバレなけばいい 善いことをしてもだれも見向きもしない だれかが悪事をあばいてくれるか 善い行いを褒めてくれるか 悪人は世の中の主流となり 善人は世間から見放される 黄門様も賄賂に弱い…
コメント:0

続きを読むread more

夜は眠らない

だれかと話せない 自分もいない すべてからっぽの夜 いつかあなたと少しだけ ことばを交わしたかった できれば ほんとうに 人と人が真摯に ことば以上のことばで コトダマかイハヒかノロイ ともかく存在そのもの 否定肯定 ラ行変格活用 陀羅尼 たましひ …
コメント:0

続きを読むread more

さかのぼる記憶の川

木製の郵便受け 葉書や手紙 いつ書かれたのか だれに書いたのか ほこりをかぶったまま ブツが眠る 思いははるか昔 半世紀も前に 少年と少女は 交わらない視線のまま ひとりが消えた うわさが流れ ひとりは卒業した 線は永遠に離れ 手紙は眠っていた 気…
コメント:0

続きを読むread more

夜は今からはじまる

狂気の沙汰 見知らぬ他人 色消えた沼 シンデレラ 間隙 電飾 少女 胡椒 ひと匙 ひと肌 ランダムな猫 三本足の犬 腹が減った熊 闇に潜む半魚人 世界を売ってもうけ 自分を買って大損する 自業自涜 サイババのお告げ 黙示録 …
コメント:0

続きを読むread more

帰ったらおでん

ちくわ こんにゃく だいこん ゆでたまご こんぶ それだけでいい 鮭缶に七色かけて わたしはこんな食事で充分 満たされて 腹八分 また深夜に空腹で腹が鳴る それもまた健康 ただ食うだけの むかしの自分は もういらない 粗食がよい 腹一杯 …
コメント:0

続きを読むread more

怪物になった友だち

彼は粗暴でもなく 身体も大きくなく 性格も温厚で いわゆるいいやつ それがたった一晩で 身長は3メートルを超え 鋼の身体に狂暴な雄叫びをあげる 怪物になっていた はじめは宥めすかしていたが 怒り出すと壁や塀を破壊する 放っておくと人間に危害が ぼくたちは必死で彼をおびき寄…
コメント:0

続きを読むread more

実務実夢正夢逆夢

あなたと旅行に行った 手もつながず 常にあなたの後ろを歩いた 訳ありでもなく不倫でもない もうすぐ結婚するという いわゆる婚前旅行 あれから7年半 何も変わらず 変えようとする気もない 夜は隣の部屋で好きなことをして わたしは朝の3時頃眠り朝の5時半に起きる 仕事は朝9時…
コメント:0

続きを読むread more

クロスすれちがい家族

あたりまえの食卓はなく ひとりずつ別々 それが我が家流 冷めたスープではなく 暖かい部屋で温かい食事 こころは温もらない やがて真っ暗な部屋で 違う夢を見ながら なぜか風呂場で身体を洗っている最中に ウンコを漏らしてしまう シャワーで流しても流しても ウンコはなかなか取れ…
コメント:0

続きを読むread more

まさにこの時をくだらなく生きる

暖かくなったよかった油断する 災難は覚えていてもやってくる ある日から何をしてもつまらない おもしろいこと世の中にはあまりない 拾われた命なんとかつなげられ 今にいたる老いさらばえて足重し 梅が咲き桜はまだか花見はできない 狂う人ほんとは真面目で一直線 くだらないそう思うこと生きる知恵
コメント:0

続きを読むread more

悲しい列車に乗って

いつも逃げるように電車に乗り 故郷をめざした ただ故郷は一時はやさしく しばらくすると冷たくなった すごすごと大都会に帰り 雑踏の中でじっと 身を固くして だれにも見つからないように 静かな生活を再開した 目的のない旅 行き先のない船 隠れるところもなく ひたすら存…
コメント:0

続きを読むread more

裸にエプロン

男女問わず 笑顔が渋い顔から苦い顔に 彼氏は裸にエプロンで料理をつくる これは実は 珍しくない 特に短いエプロンがそそる ピンクのエプロンから腿毛がのぞく いおふことなきゆうぐれかな あたりかそけき虫の音に こころおどる身もおどる をとこはすそをもちあげて 天の柱にひざま…
コメント:0

続きを読むread more

なんでもないなんでもない

一度くらいの遅刻 顧客に電話するのを忘れた マスクしないで出勤した 退社時刻より数分早く帰った 書類のミスを知らん顔して提出した 会議をすっぽかした 上司の指示に従わず勝手に判断してクレームがきた 酔いが覚めず出勤した ほとんど眠らず出勤し居眠りした 給料泥棒と言われカッとして …
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつブツブツブツ

わかりました 才能もなく努力もしない それでなにかしら結果を求めても 何も得られない 分記法だって三分法だって 結論はいっしょです でも地道に仕訳をしないと 途中でこんがらがるのです 難しいことも一歩ずつです 途中を端折ると元の木阿弥です だれもが容易い道を探して だれも…
コメント:0

続きを読むread more

わが輩は狗である

ワンワン 従いますご主人さま なんでもやります お手でもお座りでも 敵が来たら命がけで戦います 死んでもご主人さまを守ります 忠犬ハチ公にだって負けません いつでもご主人さまのそばにいます 悲しい時も苦しい時も だから他人に売らないでください あなたの犬でありたい わたし…
コメント:0

続きを読むread more

彼女はだれだ

なぜか住み着いた彼女 もしかして小学生の時に同じアパートに住んでいた もうあれから何十年たっのか けれども彼女は若い わたしは年寄り 一緒に飯を食い 後片付けもしてくれる 布団は別だが 同じ部屋で寝る なにか話そうとするが 思い出すのが怖くて できないなぜ今ごろ わ…
コメント:0

続きを読むread more

残したいもの

記憶 はじける水のしずく 爪の跡 ことば 本音 さみしさ くやしさ かなしさ 苦しみ 反骨精神 たどたどしい想い 初めて書いた恋文 気まずい感情 すれ違い交差する想い 友人に盗られたこころ 10年以上燻り続けた不発弾 裏切り 嘘のオンパ…
コメント:0

続きを読むread more

ある日突然やってきた

ただの友だちが変わる 蛙やゴキブリや水すましに 変化へんげグレゴール寒々さ 我が身はかたちがない 領域も 呼吸も 原子核も ドラえもんも 静香ちゃんも 虫はまだ動いていない 認められていない 正体は幻覚か 目撃者は嘘をつく たしかに彼はもういなかった そ…
コメント:0

続きを読むread more

ながめせしまに

あつく燃ゆる炎がごとくありたけれ つなぐ手に帰らぬ夢を重ねたり しばらくはゆっくりお休み春近し けんもほろろうつむき帰る足重し 寒暖差こころに沁みる丑三つ刻 感情の発露を忘れ無表情 過ちをおかす慰めにんげんだもの 恋すてう岬に立てば波ばかり 荒海を渡る世間に仏なし 売掛金回収できずク…
コメント:0

続きを読むread more

仕事終わり今日もカップ麺と鯖缶

夕食はひとりさびしくすするもの 簿記2級ちんぷんかんぷん道遠し 怒るなよ曜日間違え大喧嘩 しばらくは頭冷やして冬籠り あなただれわたしはだれか見失う 肩たたき職場でやると大騒ぎ 疲れあり腎機能低下タラコ好き 水風呂で身体冷やして気持ちは冷えず 扉閉める大きな音にこりゃヤバい ヒステリ…
コメント:0

続きを読むread more

朝だ寒いけどなんとか出勤

もう少し我慢します勤め人 テレワークばかりできない職場環境 ワクチンもまだまだ先に耐える日々 今日もまたマスクと消毒検温も クラスター発生すれば修羅場かな 感謝する自粛生活あと少し 飛沫飛ぶことを恐れて沈黙の日々 話せない家庭の会話もともとない 今日を楽しみ明日を苦しむサボり癖 病か…
コメント:0

続きを読むread more

夜は短い叫べよ乙女乙男

並んでる背比べする遺体かな 山越えてとたんに見えた炎と爆発音 あれは夢御巣鷹山の日航機 黒い霧見えざる敵に散り墜ちぬ オレンジの光追いかけ謎残る 陰謀か不審死続くキーパーソン 自衛隊隠密行動闇の中 はじめからわかっていたさあの場所は 一晩中待てど暮らせど見つからない 見つかっていたけ…
コメント:0

続きを読むread more

まったく徒然なるままに書きなぐる

いまさらと思いこそすれ腰上げる さあ行こうかもう遅いかダメ元で 合格も三月過ぎれば過去のこと まだ受けるしつこい執念ばかみたい 働けるうちに働くしかないか 樹海にて迷子になれば黄泉の道 修験道つらいきびしいあくがれる ワラビ取り怖い男にメモ残す 世間体考えるより我が道をゆく ゆきゆき…
コメント:0

続きを読むread more

たいへんだ大変だたいへんだ

我が暮らし楽にならずと安月給 働くの好きではないがしかたない あまつかぜ雪降る夕べ帰宅まだ たまにはおいしい夕飯食べたいな 仕事終え帰宅するなりカップ麺 食べるものあれば何より生きるため 弁当のおかず毎日同じです 食べられる喜び感じグチ言わぬ たいへんだ課題レポート期限なり ああ無情…
コメント:0

続きを読むread more

寒い寒い寒い寒い寒い

今日もまた布団くるまり家籠り 最初から冬と思えば覚悟でき 梅咲いて桜も咲くか春よ来い 今少し温度上がれば愚痴ばかり やる気ない言い訳冬の寒さかな 何度でも聞く目覚ましにやっと起き 歯を磨く洗面所震える水の冷たさよ 妻の顔冬とどっちが冷たいか やるせなき世を渡る鳥羽ばたけぬ 世界には冬…
コメント:0

続きを読むread more

簡単にできることなどない

ただ疲れてしまう あまり無理をしなくても できることを淡々とこなしながら 自然と身につける 能力は向上する 技術も進歩する 知識も応用できるようになる 千里の道も一歩から 高い城壁も一段目から 少しずつ 基本はつまらないことも 基本は繰り返しが必要 基本は当たり前の…
コメント:0

続きを読むread more

善人は早死にする

同級生は心筋梗塞のため四十六歳で亡くなった 後輩はくも膜下出血により四十二歳で逝ってしまった 先輩は肺癌になって六十歳を待たずに他界された わたしは相変わらず生きている 善人は次々とこの世を去り いてもいなくてもいいようなわたしが まだのうのうとこの世で生き恥をさらしている これも運命 従…
コメント:0

続きを読むread more

眠ってしまった男 

雪が降った 嵐が吹いた 眠い とてつもなく 眠りに落ちると あっという間に その女は廃墟にいた その土地をあと少しお金があれば 買い取れると 毎晩廃墟でお金を無心している 廃墟オタクたちは最初は 面白がって 女の話を聞いていたが やがてその女を見たり話したりす…
コメント:0

続きを読むread more

耳目口手を駆使して覚える

理解するにはやはり頭が良いに越したことはない でも鈍才で物覚え悪くても 知識を身につけ資格もとることが可能 ただひたすら教科書を音読 また重要なところは手で紙に書く 動画を見て説明を耳で聞く 最初は何がなんだかわらかない 10回ぐらい繰り返すと なんとなくわかってくる また我慢して1…
コメント:0

続きを読むread more

簿記2級挑戦したい

まだ3級の勉強中 4月に3級取って 2級にチャレンジ 社労士は時間かかり 取得しても知識のより高い維持と また経理的な思考も必要 交渉力もある程度ケアマネやっているから ただマーケティングや営業力は低い パートでケアマネ続けながら 自宅で社労士開業予定 そこには簿記2級が必要 …
コメント:0

続きを読むread more

我慢我慢我慢我慢ならない

右を見て左見てまた右を見て正面から追突 我慢してトイレを待てば日が暮れた 赤信号渡るカラスのエサ見てる 給料日なるほど合点ATM ささやかにひとりで祝う誕生日 あの頃はみんな笑顔の職場内 緊張で言葉も出ない自己紹介 あとひとつあとひとつが埋まらない 世間では閑古鳥飛ぶ夜深し 青年は小…
コメント:0

続きを読むread more

そうだ床屋行こう

髪の毛薄く刈るとこなし それでも床屋に行きまする だれがなんと言おうとも スダレ髪でも 一本もなくても 頭の手入れのため 床屋に行こう 寒い日はより寒く 暑い日はより暑く なんとも言えない 頭はあたま だれに文句もありません だれに文句を言わせません なくても…
コメント:0

続きを読むread more

まだ春は当分やってこない

閉塞感 月に行きたい 離れたどこか 自由にできるところ 今も背中を銃で狙われている 緊張と不安の日々 音が気になる 静寂を小さな雑音がよぎる 聴力検査のように 聴こえるか聴こえないか ギリギリのところで神経を 何を警告している 冬の闘いはまだ 春ははるか遠く …
コメント:0

続きを読むread more

孤独な朝はともかく眠れ

朝の二度寝は気持ち良い 二度寝して遅刻ゆっくりテレワーク 早寝早起き病知らず ひとり仕事はどうですか だれにも見られず はかどらず それでも朝から晩まで パソコンの前で キーボードに入力しながら 何かもっとあれをやりたい でも家ではできない パソコンを閉じて外に出よう …
コメント:0

続きを読むread more

友情の終わりと微笑み

さらば友よなんて 言えない おたがいに いつの間にか 疎遠になり いつの間にか まったく音信不通となった 友と言うのも憚れ ただの知り合い いや昔会ったことがある人 でも赤の他人 実は彼や彼女が何を考え なにをしたかったのか まったくわからない それなの…
コメント:0

続きを読むread more

あっという間に

組織は人を食って生きる 人は組織にとってただのエサ 食っては消化し また新しい人を集め 食っては消化する なんて大きな それにふしだらな胃袋だろう 人は取っ替え引っ替え 尻から糞のかたまりなって出され やがて畠の肥料にもならず 廃棄処分される 人のゴミは うず高く …
コメント:0

続きを読むread more

川柳ふたたび

はじめます今日からきっとはじめます コロコロで取れるホコリも限りあり 今言ったことを忘れて繰り返す 疲れたか一緒に休もう洗濯機 夕食をひとりで食べる鍋料理 肝心な事は言えない誕生日 祝日を休めば増える土曜出勤 悲しみを集めてむなし蚊帳の外 検温とマスク消毒仕事です 余震でも心臓飛び出…
コメント:0

続きを読むread more

川柳を作ろうとして

むずかしい たとえば パソコンの前で一日にらめっこ 女房も距離を取るのは一年中 三密を避ける口実ひとり飯 コロナ禍の家庭を題材 だけどうまいのが作れない 基本を知らないから でも無理矢理つくる 車椅子あなたが先にどうぞお先に あおり運転こころの病恐怖心 バリア…
コメント:0

続きを読むread more

どこにいても自分は自分

気取っていても 緊張して声が震えても 嘘をついても なにか隠していても ここにいるのは自分という存在 間抜けで 浅はかで 自惚れたり 落ち込んだり いろいろ忙しい自分 なんてこころの狭いやつ なんてプライドの高い 中身のスカスカなやつ あきれたり 驚いた…
コメント:0

続きを読むread more

バレンタインデー情人节

まるで関係ない なにもない日 そういえば7年前 大雪で仕事に行けなかった その後に妻と結婚 あまり記憶にない 昔むかしの物語 今年も雪はこの辺ではあまり降らない 虫歯歯槽膿漏 糖尿病予備軍 甘い物厳禁 ギリチョコは ホワイトデー倍返し なにもないことがしあわせ…
コメント:0

続きを読むread more

ゴタゴタゴタゴタゴタゴタ

憂鬱もあり 嫌気もさして あまりやる気もなく 寝てることが多い ジムに行って汗をかくと 疲れて昼寝してしまう 今日も予定をこなしながら むなしさや さみしさに 時々邪魔され はかどらない でも目標があり やりたいことのために 今は地固め 少しきつい …
コメント:0

続きを読むread more

記憶の入り込む夢

覚えていないくらい昔 バザーを主催し 大きな室内施設を貸し切り 野菜や日用品、家電、骨董品など 特に外国の貴重な民芸品が目玉 会場には所狭しと品物が並び 確実に成功すると 後輩から話しかけてきた 失敗する みんな偽物 売り物にならない危険物 即刻やめてください 理由…
コメント:0

続きを読むread more

びっくりしたなーもう‼️

10年前と同じ車の中で 地震警報 揺れる揺れる揺れる 幸い駐車場 モールの建物にギシギシ異常音 歩いてくる妻 車に乗る時に 地震なんて知らなかった なんか変な音がするので 機械の故障かと思った うむ 何も言えねえ 心配して親に電話 まだこころの揺れは続いている…
コメント:0

続きを読むread more

バレンタインデー殺人事件

義理チョコから始まった 彼は家に帰り夕食後に チョコレートの封を開けて食べた その後間もなく苦しみはじめ 救急車を呼ぶ暇もなく息を引き取った チョコレートから激毒物が発見 会社の女性たちに嫌疑が ただ動機がなかった 彼と交友のある女性はなく 社外にも女性の影はなかった 捜査は暗…
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピック

かすかに覚えている 叔父さんが撮った聖火リレーの写真 昭和39年東京オリンピック開催 アベベの哲学者のような走り 走り終えた後も柔軟運動をしたりして まさに哲人は鉄人だった 円谷選手や君原選手たち 東洋の魔女と鬼監督 重量上げの三宅兄弟 日本柔道の黄昏 体操は知り合いが金メダル…
コメント:0

続きを読むread more

みんな相当な圧力を感じている

何か意見は 無言 では今日の説明を終わります ぐるぐるぐるぐる 頭が疑問符で なぜだれも 部外者的なわたしが勝手に意見を述べ即却下 みんなわかっているのか それとも はじめからあきらめて 何も言わないか 何か言えば自分に不利益が 思惑はモヤモヤした沈黙に たし…
コメント:0

続きを読むread more

働き方改革超革新

朝勤怠システムで出勤クリック 昼まで寝て 休憩時間に昼飯 また昼寝 少しパソコンと睨めっこ やがて退勤をクリックして 一杯の焼酎を飲む もちろん寝ながら 仕事の企画を考えたり 申請書や報告書を作ったりしている 夕方には少しストレッチしながら 運動不足を補う パソコン…
コメント:0

続きを読むread more

不倫不倫不倫

誘惑 負け 一度だけ もう一度だけ これが最後 ズルズル何年も バレないと 秘密を守ると 実はみんな知ってる あとはバラされ 入学式に出られない 別居 離婚 慰謝料 養育費 白い眼 引っ越し 退職願い 後悔 卒業式も見られな…
コメント:0

続きを読むread more

作戦大作戦大大作戦大大大作戦

わざと嫌われる行為をして あとから相手の弱みにつけ入る たぶん相手は怒りにまかせ 失言や侮辱行為を思わずしてしまう それを理由として反撃開始 パワハラセクハラモラハラ 管理不行き届き 味方を増やして スクラム組んで 怒涛のように押し寄せる 最後の切り札は不倫の暴露か スキ…
コメント:0

続きを読むread more

一発逆転はあるかないかないかあるか

人生にはめったにない 勝負にはある 人生は勝とうとしても運がないと困難 勝負はかなり経験値がものをいう 人生には岐路があり 勝負にも勝ち負けの一瞬がある 人生はめったに上がりつづけないが 勝負は勝ち始めると止まらない 人生は落ちるところまで落ちやすい 勝負も負けがこむと余計に負ける …
コメント:0

続きを読むread more

頭の良いやつらは時に間違った方向に話をそらす

新しい経済論とか MMTとかリフレ 貨幣の流通 赤字国債発行  大丈夫 国の借金はいくらでも いやでもでもインフレ3%ぐらいまで 赤字になっても日銀がせっせと貨幣を製造し 赤字国債買いまくり インフレが限度までいかなければ 破綻しないとか いや待てよ 国は借金をどん…
コメント:0

続きを読むread more

女男オンナオトコ関係ない関係ない関係ない

自分が根深い性差別を受けてきた 男のくせに 男らしくない 男の子が泣いちゃだめ もっと胸張って男でしょ なよなよしてちゃだめ 大きい声で返事しなさい男の子なんだから 男の子なのに元気ないわね 本ばっかり読んでないで外で遊びなさい 男の子なのに料理なんかしなくていいの 男だったら…
コメント:0

続きを読むread more

そろそろソロソロsolo solo

ミュージックスタート あんな日こんな日 いろんなことが かけめぐる あるいは花火のように 打ち上げては華やかに開いて やがて消えてゆく 記憶は時に残酷で 時にはかない 世界が戦争に明け暮れ 痛みが身体もこころも ズタズタになっていたころ わたしたちは出会い や…
コメント:0

続きを読むread more

頭髪疑惑

やつの髪が先月より増えた なにかしたのか なにをやったのか ズラ植毛育毛 トニック飲み薬電子的手法 ややややややや まさか 気がついた ストレスが 抜け毛の 原因だと つまりストレスフリーの生活改善 ワカメや海藻もだめ 薬は効かない 唯一 気にせず…
コメント:0

続きを読むread more

テレワークで在宅で仕事しても

なかなかはかどらない 環境も整わない 密を避ける 事務所に人がいない オンラインの仕事がテレワークでは不可能 会社からノートパソコンが支給されない 家のパソコンから会社のシステムに入れない 意味のないテレワークを続け お互いに疑心暗鬼 大丈夫か もうダメか みんな家でなに…
コメント:0

続きを読むread more

1月3日は祝日でなく土日でなければ仕事はじめにしよう

年末年始年中無休でずっと仕事をしてきた 三ヶ日全部休むやつなんかおかしい 元日以外は国民の祝日ではない だから平日の1月3日は仕事はじめにしよう 市役所も県庁も公務員はみんな出勤 警察官に休みはありませんから 介護や医療に休日はありませんから 年中無休の商売に休みはないのです さあ …
コメント:0

続きを読むread more

これは報復か

やられたらやり返す 蒔いた種は根を張る前に 毒をもって制せられた 力が上のものが勝つ 組織ならばその上層部の鶴の一声 簡単に地獄の蓋は開く 弱いものは逃げるしかなく 逃げても逃げても追いかけてくる あなたちは拘束され この身分から抜け出すことは やつらは抑え込む 力づくで…
コメント:0

続きを読むread more

反乱するかもしれない同僚

今日は午前中少し顔を見せただけで 午後はまったく姿を見せなかった もう職場に嫌気がさしたのだろうか それともなにか企んでいるのか わからないが なんとなく不穏 職員も点々バラバラで 誰がなにをしているのか 非常にわかりづらい 楽をしているのか 密かにその剣を研ぎ澄ましているのか…
コメント:0

続きを読むread more

騙された騙された騙された

不平等 狙い撃ち 休みが減らされた わけのわからないうちに 年末年始の休みも ゴールデンウィークも 無いものとなり 週6日の厳しい勤務 休みが休みに消されて 祝日が増えても出勤日は減らない 月の休日はシフトに組まれ 1日8時間勤務は永遠に変わらない いわゆる月単位の…
コメント:0

続きを読むread more

自分が苦しいときは人も苦しい

苦境は得てして誰彼となく訪れる みんな自分だけがと ヤケになったりするが 実は隣の人もまた 同じ苦境に立たされている とはいえ 苦しみは個々にあり 向き合うのも個々となる ただ互いに苦闘する人を見て なんとかあの人も歯を食いしばっているのだから 自分ももう少し踏ん張れるかもしれ…
コメント:0

続きを読むread more

新しい過去現在未来

やつらは未熟な牙を研いだ 噛みつくことはできまい やられるだけやられ 根こそぎ命まで危い だから革命は起きた 過去の遺産を踏みつぶし 怪獣のように現実を破壊して あたかも未来のなけなしの希望を 小さな絶滅に変え 惑星は滅び生まれ変わった 怪獣は交配しながら進化し とうとう…
コメント:0

続きを読むread more

鼻出しニカイさん

鼻出しマスク偉い人 批判や批難関係ない 責任あっても責任ない あなたの言うこと間違いない モリスガみんな仲間です みんな仲良し平和だよ 頭も平和でポカポカしてる とても良い顔笑ってる うやむやピンぼけ鼻出しマスク あきれて見てる国民も 無関心とはいうものの あまりにひどい…
コメント:0

続きを読むread more

あなたに捧げる

旧友と会う 彼はどこにでもいる ぼくはここにしかいない いる場所 いない空間 あなたはだれと会いたいですか 会いたい人には会えない 会いたくない人とバッタリ会う 誰かがあなたを探している 不思議なことに あなたは別の誰かを探している 交わる線は 一度交わったあとどん…
コメント:0

続きを読むread more

前立腺を全摘手術してから

全く男としての機能がなくなりました 最初は葛藤あり 徐々にあきらめ 今では尿漏れだけが気になる 幾つになっても男でいたいとか 別にどうでもよくない 性欲がなくなり 性別もなくなり 楽になった 人として生きるには 自由になった 世間では 歳をとって性犯罪を そん…
コメント:0

続きを読むread more

だんだん世の中が遠ざかってゆく

世の中は冷たい 実は結構あざとい 脱落者を救うフリをして 奈落に落としこむ 這いあがろうとすると その手を踏んづける 少しでも相手より優位に 世の中という流れに乗り ひたすらわが道の安泰を すべてである必要はない 落ちこぼれには目をつぶり なんとかしがみついて 今日…
コメント:0

続きを読むread more

身体中に銃弾を浴びる夢

誰かが死んでいる その横で散弾銃を構えて 敵の攻撃に備えている するといきなり現れた敵に 続けざまに発砲した 敵はボロくずのようになって倒れた だがすぐにゾンビのように立ち上がり ずるいよずるい あんただけ好きなように撃って と言いながら 持っていた機関銃を立て続けに撃ち始めた…
コメント:0

続きを読むread more

過去は変えられないが形を変えて追いかけてくる

あの時あれをしなければ いやこうしていたら たらればが 常に後悔のおもりをつけて 夢やうつつに追いかけてくる もしもはないが もしもが苦しめる あの女の真意を わかっていながら ダラダラ依存して いつの間にか 抜けられないドツボに 時間と金を失い 残ったものは…
コメント:0

続きを読むread more

スライサー

料理は切ること ミジン切り 輪切り いちょう切り ザクキリ 千枚切り 角切り 笹きり 乱れ切り 均等切り アラレ切り ジェット切り 童貞切り カボチャ切り 短冊斬り 月の輪切り 四つ切り 斜め切り 一目切り 斬斬り 岩…
コメント:0

続きを読むread more

7年前に会ってからずっとご無沙汰している

7年が長いか短いか 人生は短い 1年は1秒 ただ細胞の老化もジェットコースター 1年前の自分がだれだかわからない 7年経ったらUMA 世間では4人以上の会合会食を禁じている 逆にホッとしている 今の自分を見せたく見られたくない 7年前はどうだったか 記憶喪失 半分強制消去…
コメント:0

続きを読むread more

格好良い言葉にだまされるな

信頼できるのは事実と経験 そこには泥臭さや痛々しさがあり 必ずしも肯定的な言葉じゃない 手厳しく辛辣で 時には打ちひしがれ 明日を悲観してしまうこともある ただほんとうの闘いはそこにあり おのれが克服すべきものも やがて見えてくる 表面に格好良くいかにもそれらしき言葉は 誰かの…
コメント:0

続きを読むread more

腹が減った腹ペコ空腹

血糖値測定 正常値より高い それより何か食べたい 昨日は午後6時前に 野菜たっぷり味噌汁 鯖缶一個 野菜たっぷりカップ味噌ラーメン100g 結構食べた その後何も食べてない 腹減った お腹と背中がくっつく 我慢してお茶を飲む 真夜中のお茶は不眠を増強 うとうと…
コメント:0

続きを読むread more

みんな人のことばかり気にしている

逆に自分の魅力を伸ばさない 人の成功や失敗や過ちにこだわり 自分には目をつぶっている それでもそれでも やがて人は裏切る 自分は裏切られる 追いかけて没落した人も 追いかけて雲の上に飛んでいった人も だれもあなた自身に見向きもしない あなたの個性が死んで 乗り移った人の藻屑とな…
コメント:0

続きを読むread more

彼の印象

とにかく大人しいですね 話したことはありません いつもひとりで本読んでる 友人はいないみたいでした 仕事は真面目にやっていました 感情を顔に出さなかったですね 何考えてるかわからない 宇宙人っていうか 時々難しい話をしてましたね 興味のあることには熱心みたいで 敵もいないけど味…
コメント:0

続きを読むread more

マイナス思考低空飛行後ろ向き墜落

そんなにみんなうまくいかない 凡人に悪夢を見せるな 意欲が高まり詐欺にあう 自分ができないことは 他人の力を借りてもできない 嘘つきはカッコいい 真実は非常に地味 1ミリ1ミリ積み重ね やっとそれなりの成果 一足飛びになれるとは 魔法使いでしかない だれもが成功し富や地位…
コメント:0

続きを読むread more

わからないわからなあわからなあいわらかない

何度計算しても合わない どこが違うかわからない 税率か利率か はたまた個数か変数か 数学算数数字苦手 数える嫌 指の数まで限度 数万数千数百数十数円 まるで迷路 足し算掛け算割り算% 減価償却年利%日割月割 沸騰する売上原価に純利益 期首期中期末月締め 感覚麻…
コメント:0

続きを読むread more

笑う笑い笑えない笑え

象の逆立ち イタチのゴミ漁り 田螺の女房 尿道にパチンコ球 雪道でアイス 観覧車の途中下車 ラーメン五郎でお冷や増し増し 美座る言わ笊着飾る 弁慶の笑いどころ 月月火水木琴禁 BMI35どもならぬ 上げ膳末善天中殺 1時が万事休す 2時うハッピー 籠の鳥…
コメント:0

続きを読むread more

あなたから発する才能のある

嫉妬する 持っている人 持たざる人 大きくて小さな 果てしない違い 人のオーラは人を 眩しいように包み込んで いつの間にか虜 輝きは永遠に その類い稀な感触 地から天へ 無から有へ ずっとずっとずっと いつまでもいつまでも 変わらない力 ため息 …
コメント:0

続きを読むread more

生きる意味

ない あると思えばある ただ水をつかむように どんどん手から離れてゆく 空想 ヴァーチャル ホログラム 実体のない愛情 さらに日常の空洞化 たとえば政治家の発言 金持ちのため息 ネット暮らしのあきらめ サドンデスでの敗戦 約束の反故 家族の裏切り …
コメント:0

続きを読むread more

深い深い深い陥穽

信じることは不安からくる 寄生虫はこころの闇につけこむ 平らな空に浮かぶねじれた雲 確かなもの 間違いない正解 合格の証明 ランク付け ためいき 逆転の魔法 童貞からの手紙 5年ぶりの電話 沈黙気まずい無音 だれも懐かしい人はいない 顔が浮かばない 名前…
コメント:0

続きを読むread more

出会い

17歳 恋人なし 27歳 恋人なし 37歳 恋人なし 47歳 恋人なし 57歳 恋人なし 67歳 恋人なし 77歳 恋人なし 87歳 恋人なし 97歳 恋人なし 107歳 恋人なし 117歳 恋人なし 127歳 なし
コメント:0

続きを読むread more

書くことはおのれを野ざらしにすることだ

恥ずかしげもなくさらけ出し あなたは正気ですか いや狂気です 洗いざらい過去の犯罪やそれに近いこと べつにパクられてもいい 今や時効 何十年も昔のこと 少年時代の 思い出 反芻してえずくような 気持ち悪いこと たとえば友人のアタマに鉛筆の先を刺した 学校でパンツを脱…
コメント:0

続きを読むread more

部屋に隠れていた人々

昼寝してしまった 自室で六畳一間 コタツが部屋の半分くらい 布団を畳んで起きたら 布団の中に後輩がいた 何年も会っていない どうしてここに コタツから先輩も出てきた なんでどうして疑問の山 タンスから以前の職場の同僚が二人 ベランダからお世話になった先生が まだなんとも言…
コメント:0

続きを読むread more

だれにも言えない秘密はたくさんある

アソコにホクロがある 夜中にこっそり冷蔵庫を開ける 同じ靴下を2日連続で履き続けた 闇には幽霊がいると思う ちびったことがある 背中に小さな羽根が生えてる ゴキブリに話しかけて 隠れて風呂で放尿 世界と離れたことがある 人間ではなく いきものとしては 下等であるがゆえに …
コメント:0

続きを読むread more

なにもかも捨てて旅に出よう

この世でなくとも あの世でもその世でもかの世でも なんでもいいから おいらはぶらりと旅に出たい 騒がしいところでも 人っ子ひとりいない僻地でも 仮の世でもなんでも この縛られた世界から 自由で恐ろしい弱肉強食の ジャングルでも砂漠でも 狭い箱庭から 出してくれ そう…
コメント:0

続きを読むread more

タリラリラーンのランランラン

舌が乾いてヤケドした 焼肉は生焼けがおいしい 身体は丈夫でデブがいい 腹が太鼓でバチはチンコ アラビアのロレンスも真っ青な 青竹真竹夾竹桃 世間では満開 巷では下血 最近はブタクサまみれ 浣腸は慎重に大腸に やらずボッタクリ 天命を尻 耳に順天堂 海砂利水魚の…
コメント:0

続きを読むread more

裏切りモノは早く去れ皿ないと焼きそば食えない

コールテンのズボンのすそ カエルの黄色い脂肪 ㋽ずく歌麿 感覚の鈍麻 青春の滑落 ペヤング牛丼 とりかえばや物語続編 教育勅語に洗脳された直後 背筋がピンシャンとなり 滑舌もまっさかさま インド象が押し寄せ 並みいるテロリストも軍人も 雷にうたれたメロスのように …
コメント:0

続きを読むread more

きちがいは忘れたころにやってくる

わたしは狂っているといわれる 頭の中に金玉がふたつある 世間では逆さ頭という 順番にバカをさがせば おのれに当たる 髪の毛は生え際から抜けている ジパングが日本を襲うと信じて 屑鉄を両手に戦いを それでも神風は吹く パジャマの下にはももひきかももしきか あなたはきちがいというたんごを…
コメント:0

続きを読むread more

さあそろそろこの世から消えてしまいましょうかそれとも逃げ出しましょうか

ポイ捨て 見捨てられ 観音様にお辞儀 細分化された勤務表 蓮華の孤独 七色トウガラシのにおい 世間の噂 土曜日日曜日祝日出勤 変わらなくちゃついていかなくちゃ やらずぶったくり への河童 労働条件悪化 スマイル励行 営業成績だけ上がれば あとは目をつぶる…
コメント:0

続きを読むread more

いつもたいせつに思うことから遠ざかってしまう

素直になれない 弱音を吐けない 強くあらねば 支えていなければ 不安とか自信のなさを 見せたくない 常に信頼され 好感を持たれ 無能とか落ちこぼれ 人の噂 リストラ退職勧奨 いい人だけど足手まとい あせればあせるほどミス連発 たしかにこの間までは完璧にこなして…
コメント:0

続きを読むread more

鼻出マスク礼賛

ええじゃないか 鼻出てても OKよ うるさく言わないで わたしも食事の時 鼻出マスクにして鼻から食べてます 胃カメラだって鼻出マスクにして鼻から管を入れてます 歯医者さんに行っても鼻出マスクで鼻から治療してます 大丈夫 ちょっとズレただけなら 殴られてもかすり傷 怒られて…
コメント:0

続きを読むread more

損益勘定振替

ええと売上から売り戻しが こりゃ返品か 受取地代に未収金が これは控除しときゃあいいのか 仕入は費用で費用には 貸倒引当金繰入 固定資産売却損 減価償却費 借方と貸方が逆になり 頭が急回転 受取利息の未収金は 控除ですか 慰謝料の未払金は もらいましょう …
コメント:0

続きを読むread more

女房は遠くにありて想うもの

近くにいるとなにかと憎らしくなる 勝手なことばかりして わたしの言うことは聞かず 家事は自分のことしかしない おたがいに別々の部屋で寝て 好き勝手なことをしている ふるさとと同じで 遠くにあるから湧き上がる想い 近くにあると ジレンマばかり 近くて遠きは夫婦の仲 時間や空…
コメント:0

続きを読むread more

ほっともっと弁当昼食物語

定番のり弁白身魚フライがおいしい カルビ焼肉ピリ辛ソース付き 豚汁一杯今なら100円 すき焼き弁当 中華あんかけご飯 野菜を取るなら肉野菜炒め弁当 幕の内弁当もナスと鶏肉あんかけ たまに豪華にステーキ弁当 ベジ付きも何種類かある 季節ごとにメニューが切り替わり カキフライや季節…
コメント:0

続きを読むread more

卑猥な言葉を叫んでしまう

もうどうでもいい なにもかもクソ 穢らわしい おぞましい 口にするのも憚られる 前立腺もなく性不能 馬鹿みたいに 卑猥な言葉をくちばしる おれも昔は 20年前なら でも今は昔 帰らぬ日々 戻らぬ肉体とみなぎる力 卑猥なのは落ちぶれたらおまえだ 図星を刺さ…
コメント:0

続きを読むread more

今日も開店ガラガラ

毎度ありい がとうが抜けてる それでも 懸命に なにかやっている 弱点は特徴 ほんと平凡 秀でたなにかがあれば 振り向かれ 話も聞いてもらえようが さしたる目玉も特典もなく ただぶつぶつと説明するだけでは すぐに飽きて逃げられる 商売はつかみが大事 惹き…
コメント:0

続きを読むread more

電子書籍読みすぎ読みすぎ

今年の1月12冊完読 他に簿記の教科書 社労士の実務書 労働保険社会保険法令 漫画もあるでよ YouTubeも観たいけど 文字が好き 目が悪くならないようにブルベリー食べて 頭は良くならないが 何かしら余分な知識がついて 思わず他人にひけらかしそうになり やっぱりたいした…
コメント:0

続きを読むread more