半分ジジイ

半分オッサン 半分ジジイ 半分バカ 半分弱虫 半分意地っ張り 半分見栄っ張り 半分臆病 半分強気 半分地雷 半分落雷 半分シラフ 半分大トラ 半分惨め 半分鼻高 半分人見知り 半分人懐っこい
コメント:0

続きを読むread more

明日から新人登場

まだ早いか もう遅いか 新人登場 なぜ今か 退職と引き換えの ただの常套策 まるで茶番 まるでお粗末 彼の立場丸潰れ しかし非情 指令は命令 新人も被害者 どんな地獄絵図が 見たいような 見たくないような やっかいな悲劇 悲惨な結末 勘…
コメント:0

続きを読むread more

別れ

突然今日退職の知らせ やはり 彼は異動を拒否して 辞めざるを得なくなった 残念だが わたしにできることはない 次の行く先の相談に乗るくらい 退職は元に戻せない 仕方ないのか 世の常か 適材適所 妥当な配置転換 それを拒むことは 自ら辞さねばならぬということか …
コメント:0

続きを読むread more

イジメという困難

人はだれも見えないキズがある 触れたら触れられたら いつか爆発する 標的は身近なもの 小さな狭い世界には 逃げ道がなく 閉ざされた門の前で 見張り人もいない 毎日毎日毎日毎日毎日 同じようになって だんだん崩れ 折れて 曲がったママ 伸びなくなる いつお…
コメント:0

続きを読むread more

あなたに送るギフト

たとえば夢の国 ダメなら小さな島 いや1人分の土地 それともなんでもわかる頭脳 やっぱり永遠に死なない肉体 さもなければだれにでも愛される性格 必要ならばお金が尽きない貯金箱 もっと言えば美味しくてたまらないラーメン じゃあ最後のラーメンを作ってあげよう
コメント:0

続きを読むread more

踏切

近所の踏切で飛び込みがあった むかし同級生の女子が踏切で ちがう踏切だが 家から近い いろんな噂があった 暗がりに女性の首のない胴体だけで立っていた とか暗がりに首が転がっていて こちらを見て笑う とか気味悪くて その踏切を通らなくなった友だちもいる ただぼくが踏切を通ると …
コメント:0

続きを読むread more

わが人生に笑いあり

今日もだじゃれで冬が来る 寒くなるでもやめられぬおやじギャグ 世間では花見の季節おれは散る やみくもにマスクを買って山積みのママ 夏日なれど職場は寒くマスクする しゃべるほど飛沫飛ばすな怒られる 電話して飛沫はどこへ行ったやら 手指消毒アルコール臭いと手を洗う エスカレーター歩いて登りこけ…
コメント:0

続きを読むread more

ヤマタノオロチ

立ち向かうには 強敵すぎる 八つの頭と首を持つ巨大な怪獣 オロチとは大蛇 その八つの口には 巨大な毒牙があり 日本武尊でなければ あっという間に 飲み込まれ 毒の牙で全身を切り裂かれ あはれな犠牲となるだろう 櫛稲田姫を助けるのは やはりおれだ と勇んでヤマタ…
コメント:0

続きを読むread more

幸せだろうか

お金があり 仕事もあり 名誉ある地位につき 家族からも信頼されている そんな人は必ず 幸せだろうか ちなみに わたしは金はない 仕事はなんとかある 家族からは心配されている こんなわたしは 不幸せだろうか
コメント:1

続きを読むread more

いつも夜は雨

見上げると雨粒が 空からぽろぽろ降ってくる いつも夜は雨 雨はこころを冷やし 頭も冷える 世界は水滴であふれている 風が吹けば 雨粒も飛んでゆく 顔にはりついた雨粒は 懐かしい 昔の思い出を 感じさせてくれた
コメント:0

続きを読むread more

願いかなえたまえ

世界には涙の雨が降っている 病や飢えや暴力により命を落とす人たち まだもう少し生きていたい まだ生まれたばかりなのに 涙はそれぞれの悲しみに それぞれの量が 降り注ぐ 世界はどれだけ悲しんでも 悲しみは尽きることがない でも幸にまだ生きている人たちは 雨の中の晴れ間を な…
コメント:0

続きを読むread more

春バテ

疲れている なんとなく 身体の動きが悪い ストレッチをする 散歩をする それでも頭が重い 身体もへなへなしている 目もかゆい 鼻や喉は大丈夫だが 歯肉炎があり歯医者さんで塗り薬を処方 春は春バテ 夏まで持つかな
コメント:0

続きを読むread more

ストーカー規制法

駅の改札口で待ち伏せる 校門の近くをうろうろする コンビニの入り口付近で立っている 近所のスーパーで商品を見るふりをしている やがて家の前の道に現れ 電柱や塀の陰に隠れるように 危ない 警察に通報する だれか心当たりは ありません 顔も見ていません うーむ難しいですね …
コメント:0

続きを読むread more

阿弥陀婆

あみだくじ あみだくじ 唱える阿弥陀のお婆さん だれが名付けた名前かな 阿弥陀婆 知らんかな 知らんかな そうでんねんか なんですか わからない わからない わたしゃもとより パーでんねん パーでんねん
コメント:0

続きを読むread more

少年は深夜に弓を引く

蹲踞して呼吸を整え 臍下丹田に力をこめて 弓を引く 矢を放つ瞬間に 集中し小指をしぼり弓をかえす まだ静かに矢を見つめながら しばらく気を残す また正面を向いた少年は 静かにすり足でもとにもどる 作法の通りできただろうか 少年はひとり 深夜の道場で弓を引く 少年の身…
コメント:0

続きを読むread more

さくらさくら

咲きましたか わたしはまだ咲きません 咲かずに終わるかもしれません それも現実です 咲いたとしても刹那です とても短い時間です あなたと会える時間もたった1秒 短くても永遠のような 記憶に残る一瞬があります
コメント:0

続きを読むread more

朝から歯が痛い

治療した歯の周囲が痛む 虫歯というより 歯周炎だと思う 朝食を痛い右を避け 左側だけでゆっくり食べ 10分ほどマッサージするように 歯磨きしたら 少し出血したが 痛みはやわらいだ 歯医者さんに行ってこよう
コメント:0

続きを読むread more

春は川柳

朝寝坊できる休日ありがたい 明日もまた今日と同じに愚痴を言い 去年も一昨年も同じこと言っていた 明日になるなといつも思う日曜日 毎日が日曜日だとつらいもの 働けるうちに貯金をしたかった 老後など思いもせずに今がある 人生はやり直しても後悔残る 今はまだ何も思わず眠るだけ
コメント:0

続きを読むread more

夜が怖い

万死に値する恐怖 夜が誘う 見えない世界に もどれないところに 天使の仮面をかぶった 人さらい 誘惑に負け ちょっとしたこころの隙間に 夜は滑りこむように入ってくる やがて夜に連れられて 難解で不可思議な数字の世界から 最後は殺戮の壮絶な繰り返しまで 何度も何度も行…
コメント:0

続きを読むread more

朝から

なにか不思議だ 夢を見て 必死でなにか 頑張っていたが なにをしていたか 忘れてしまった だれかと共同作業をしていた 久しぶりに充実した夢 今日も1日仕事
コメント:0

続きを読むread more

働く川柳

今日もまた困難事例冷や汗が 明日からやる気出そうと定時帰り キーボード打つ音そろって気持ちよし シールドを挟み会話の声聞こえづらい 歓送迎会去年からずっとしていない 休日にステイホームでYouTube 意外にもお家にいると勉強はかどらない 簿記2級受ける宣言後悔しきり 年寄りの冷や水飲んで…
コメント:0

続きを読むread more

和解

いつしか争いもおさまり おたがいに禍根を残すこともなく 和解した はずだった でも でもでもでもでも 割り切れないことってあるよね なんとか なんとかそれも断ち切って ようやく こころも平穏に 無事毎日を過ごしております
コメント:0

続きを読むread more

若さとは

年齢か 気持ちか 体力か はたまた見た目か それともすべての活力総合力から 年齢の誤差を調整し 残ったエネルギーの量を こころの在り方で除して 無茶苦茶や破れかぶれを掛けて 理屈や道理や社会的背景で透かし 最終的に残った なんだろう
コメント:0

続きを読むread more

今日も夕飯は盛りそば

そばはうまい そば湯もまろやか 学生の頃初めてそば湯を知り 友だちがおいしそうに飲んでいた 最初はあまりよくわからなかったが そば湯はそのそばの本質が入っている おいしいそばには おいしいそば湯があり 味わいはより深くなる ごちそうさま
コメント:0

続きを読むread more

ちょうどいい生き方

裕福でもなく 貧しすぎず 朝昼晩と飯が食え 住む場所もあり 着替えのひとつやふたつはあり 目立った働きはないが それなりに仕事したり 人のために何かをしたり 満足とはいかないまでも なんとかやり切ったと思える そんな生き方
コメント:0

続きを読むread more

永遠とは

シャレじゃない いつはじまり いつ終わるか 考えるときりがない 夢は枯れ野をかけめぐり 枯野はやがて高層ビルになる 人生にもはじめと終わりがあり 地球にもやがて寿命が尽きる みんな知っていて 知らぬふりをしている それでも地球は回り続ける
コメント:0

続きを読むread more

桜桜桜

救急車が通りすぎる桜並木 桜は散っても また来年には 咲き誇る 人間は一度散ってしまったら 二度と帰らない ただだれかの記憶の中で 引き継がれながら 桜のように 何度も咲いては また散りゆくこととなる
コメント:0

続きを読むread more

遠くに見える

あれほど毎日いっしょにいて 楽しい日々を過ごしていたのに 今はまったく会うこともできず その顔さえ忘れかけている ずいぶんと遠くに見える まるで火星にでも行ってしまったように 自分がこんなに年を取り みんながあんなに若くはつらつとして 記憶は残酷だ 昔のことを夢のように ほんと…
コメント:0

続きを読むread more

だれがなんと言おうと彼は彼のやり方を貫くだろう

それほど柔ではない 多少の圧力にも負けない 淡々と仕事をこなす 文句も言わない ただし間違った指示には従わない 黙って断る あまり人を寄せつけない 我が道をゆく だれも止められない 間違っていない 正しいことをすると目立つ 涼しく清々しく立派だと思う 他人という波に…
コメント:0

続きを読むread more

さらばコロナ

検査も受けて ワクチンも予約した それでも見えない不安が モヤモヤしている さらばコロナよ 二度と来るな シャレではなく 本気です ビクビクしながら マスクやフェイスシート 手指消毒 形のない恐怖 さらばコロナ 明日からまた 勇気が湧いてくる
コメント:0

続きを読むread more

理解することは難しい

簿記を習いはじめて 発生主義と現金主義 経過勘定の決n算整理仕訳 減価償却費と貸倒引当金 再振替仕訳をするものとしないもの 頭がごちゃごちゃして なんとかYouTube動画を身ながら 理解できたようなできないような ゲーテは偉大だと 世界中が同じシステムを共有し 会計経理を滞り…
コメント:0

続きを読むread more

ささやく声が聞こえる

夜のしじまからかすかに 声が聞こえる ささやくような小さな声 やっぱり だからあの時 やっぱり そうなってしまった だれがなにをだれに向かって 声はしつこくつづいた だから 言ったじゃないの やっぱり あの時やっておけば 窓を開けて外を見ると だれもいな…
コメント:0

続きを読むread more

生きることと死ぬこと

表裏一体 輪廻転生 だれにもわからない 考える人たち お釈迦さま イェスさま アッラーさま 見事に 解明されず 深い深い深い迷路の渦巻きに 生死はともに呑み込まれ いつしか 合体して 新生児として また渦に巻き込まれる
コメント:0

続きを読むread more

過去と現在そして

過去がなければ今のわたしはいない ただ過去だけでは生きてゆけない 今を生きることで また新しい過去がつくられる 先は見えないが 積み重ねたものを確認しながら 今に活かして さらに次の今に引き継いでゆく なかなか難しいことだが 繰り返す今を更新しながら 新しい自分をインストールで…
コメント:0

続きを読むread more

なにもはじめないよりも

なにかを新しくはじめる 不安と面倒だと思う気持ち いまさらなにができるのか いまの生活をつづければ なんとなく同じような一日一日を ただそれでいいのか もっとやれることはないか そう思うとはじめずにはいられなくなった 困難や挫折や失望 ただそれだけではないはず なにかが変わるは…
コメント:0

続きを読むread more

介護福祉の世界

まだ18年の新参者 圧倒的に女性が多く どろどろした世界 いわゆる3K職場で 金銭的にも待遇は良くない いろんな意味で働きづらい 悲しみも苦しみもいたたまれなさも 日々感じながら じっと耐えることの多い世界 長くやればやるほど 神経をすり減らし 肉体も疲弊してゆく …
コメント:0

続きを読むread more

カップラーメンの夕食

ひとりさみしくカップ麺 味もなくなにもない 楽しくもなくて うれしくも かなしくも いとしくも くやしくもない ただカップ麺に七色唐辛子をふりかけ 麺つゆがどんな味だったか 醤油かとんこつか塩かみそ味か なにもかも唐辛子で消して 唐辛子麺にして 口に入れ飲みこみ涙を…
コメント:0

続きを読むread more

人格のないお化け

記憶では50年前 どこかの土地から この町にやってきた 嫌われ者 やっかい者 だれも口にするのも憚られる 人間もどきの怪物 噂ではやつはゴキブリを生きたまま食い 背中に羽が生えたという やつの裸はだれも見たことがない 命のしずくは やつのからだには溜まらない 自転車…
コメント:0

続きを読むread more

紙に書くことはない

文字は画面から来る 画面で制作して 画面から選びとる 文字は泳いでいる どこの波にも簡単に乗り 気軽にあいさつしながら 通りすぎる 曖昧な不安も 確かな自信も ただよううちに 宇宙の墓場のように 同じ方向に向かって ぐるぐるまわるだけ 長い長い長いトンネルの先…
コメント:0

続きを読むread more

何事もない日

平穏な日 争いもなく 静かに時間は流れた 特に変わったこともなく 経過勘定も仕訳し 未来の支払いも 過去からのツケも 帳尻を合わせ 何事もなく ひとりフレンチコートに身を包み 家路を急ぐ 妻は家にいない 仕事が午後10時まで 迎えに行くまで ゆっくり時を…
コメント:0

続きを読むread more

寝る前に

広いこころとは 思うに狭くて 少しの重さにも耐えられず そんな自分のこころ かあいそうに なぐさめることも はげますことも やっぱりダメなんだ なんとかやっていかねば まったく広いこころなんて 持てないよ
コメント:0

続きを読むread more

雨が強く降っている

止むかと思っていたが 激しく降り続く 今日一日を戒めるように 強く圧倒的に 止まない雨はない とか言うことばを尻目に後目に 止まない雨もあるぞと ひたすら懸命に われわれを恐怖と畏怖に なぜ雨と風は共鳴するのか 春の嵐に 車も揺れ 人は傘をお猪口にさせられる …
コメント:0

続きを読むread more

昼寝と肥満

昼寝をするようになり 体重が増えた 疲れたり寝不足の時は 必ず昼寝してしまう 運動も少しはするが 昼寝により 肥満体質になりつつある これから昼寝は30分以内にして ともかく 横になってゴロゴロするのはやめよう と決意しても 実践できるかどうか
コメント:0

続きを読むread more

少しずつ少しずつ

理解と慣れ 感覚と実践 数字と右左 法律と現実 仕事と勉強 資格と報酬 隠れ家と自由度 侍と農民 完全と曖昧 融和と混合 真剣と遊び 緩さと堅さ 投げやりと思いやり 世間と内心 夢と乱世 少しずつ 少しずつ
コメント:0

続きを読むread more

変な夢

かつての職場の同僚に 服を借りに行った パンツとシャツだけの下着姿を 大きなバスタオルで覆い 同僚の家の玄関で待つ なんで服着てないの 聞かれてもわからない いつの間にか 脱いでいたか脱がされていた なんとかジーパンとポロシャツを借り さてとあたりを見渡すと かつての職場…
コメント:0

続きを読むread more

金がない

いつものこと 気にするな いつか 金は巡ってくる そう信じて なんとか仕事をつづける 底辺生活は慣れている 金がなくても 衣食住がなんとかなれば まったく問題ない ならば感謝するべきか なんとか働いて 飯を食っていること ありがたき幸せ
コメント:0

続きを読むread more

工業簿記をはじめます

工業簿記は製造業に使われる簿記 工場、造船所等で使われる 製品をひとつ作るのにいくらかかったかを計算 材料費→総合原価計算‥一つの製品を大量生産する場合・完成品の個数に基づいて直接材料費と加工費に分けて製造原価を計算 労務費→個別原価計算‥オーダーメイド生産・製造指図書ごとに製造原価を計算 経費→外注加工費…
コメント:0

続きを読むread more

おやすみなさい

すべて今日を生きる人に 楽しいことがあった人に 苦しいことがあった人に 悩んで悩んで悩み続ける人に 悲しくて涙が止まらない人に うれしくて眠れそうもない人に 生きていることがつらくてしかたない人に おやすみなさい ともかく寝ましょう
コメント:0

続きを読むread more

予想

人が人を憎むとき 何が起こるか 喧嘩 無視 蔑視 軽蔑 あきれる ぼやく 怒声をあびせる 怒声をあびせかえす 呪う 祟る 排除する 訴訟する 涙する 悔し涙 怒りの涙 哀れみの涙 机を思い切り叩く パソコンをぶっ壊す …
コメント:0

続きを読むread more

夢夢夢夢夢夢

だれかに追いかけられ 必死で逃げているが 足が思うように動かない 近づいてくる なにかが襲ってくる うしろを振り返る勇気がない なんとか前に進もうとするが 足が空まわりする 歯がゆい やがて追いつかれた 谷底に落ちてゆくように 目が覚めた
コメント:0

続きを読むread more

まああせらず行こう

人生は短い でもあせっても同じ 簡単にできないことは 時間もかかる やってもやっても終わらないことは いくら時間があっても 終わらない あせらず ひたむきに 途中で終わってもいい 今やれることを 自分の好きなように やっていきましょう
コメント:0

続きを読むread more

最近悲しい小説ばかり読んでいる

恋人や婚約者が事故や病気で死んでゆく 死が別つ絶対的なもの それでも彼は彼女は 記憶や時間や感情や感覚を 何度も何度も何度も 思い出し消して思い出し消して 酒を飲み眠り 仕事をして眠り 夢の中でも消して消して消して 消しきれないで 新しい人との出会いや 新しい家族との生活…
コメント:0

続きを読むread more

自由自在

今は何者にも縛られない 変換の遅いスマホ 古い型のパソコン 不条理な上司 意味不明な同僚 なにも恐れず 良くも悪くも 悪くも良くも 何事もない 万事なるようになり それを覆すつもりはないが 不要な争いは避け なるべく禍根の残らぬよう それだけ願っている
コメント:0

続きを読むread more

経過勘定

苦手 来期の利息を当期で支払ったり 受け取る家賃を後払いにしたり 支払地代と前払地代を仕訳 繰越と損益と 理屈で覚えようとすると 頭がこんがらがる 精算表の記入 またこんがらがる 簿記3級 強敵
コメント:0

続きを読むread more

人の死

仕事で人の死や 死の間際に 立ち会うことが 時々ある また癌が進み 身体がつらそうな人に 声をかけてもなにもできない自分が 情けなく 無力であると感じる その苦しみや こころの葛藤に 医師や看護師が懸命にまたおだやかに 患者さんの痛みをやわらげたり 気持ちを少…
コメント:0

続きを読むread more

まあしゃあないか

あまり自信がない 何事にも壁がある 壁は硬くて高い ちょっとやそっとでは 動かない 隙間も開かない なんとか毎日鑿を突っついて 少しずつ壁を薄くして そこから硬く厚い高い壁を 時間をかけて攻略していく 日々の積み重ね あきらめないこころの強さ さあ今日もはじめるぞ
コメント:0

続きを読むread more

1日また1日

積み重ねる 単純で貴重な それでいて 同じ1日はぜったいにない ちがう1日 よくやったと感じる日 なんてことしちまったと後悔する日 複雑な思いにとらわれる日 悲しくて何度も何度も崩れ落ちそうになった日 おもしろくておかしくて笑ってばかりいた日 同じ日なんてないが いつもド…
コメント:0

続きを読むread more

おまけ

寝る前に 人のこころは 理解できない 妻も子供もいて 何不自由なく暮らしている ただなにか隙間があり こころはその隙間に引き込まれてゆく 平穏な生活は 一瞬にして修羅場と化す なぜそうなるのか わからないが こころは時にコワくて難解だ
コメント:0

続きを読むread more

寝る前に少しだけ

何か問題あるか ありあり すべて隔離したか いや そこまでは 良い兆しはあるか ないとも言えない スマホは便利か そうとも言える 明日は仕事 5時半に起床 7時半には出発 9時から仕事 6時まで 何か問題はあるか 大いにあるし たいしたことは…
コメント:0

続きを読むread more

乱世

職場に争いが見られる これは謀反あるいは 突然の下克上 乱世到来 望むところじゃ わが鎧兜はあまりに重すぎ ちょっと動きがぎこちないが ヴァーチャル対戦なら 互角の戦いができると思うぞ 画面に前線が映し出され いざ出陣 の前に ちょっとお茶でも
コメント:0

続きを読むread more

出勤

今から発する こころすずしき 今は春 花粉飛び交い 鼻はムズムズ 目は痒い それでも地球は回っている それでも心臓は血液を循環させている さあ 出勤だ
コメント:0

続きを読むread more

どこにも行けない

たしかに 閉じた扉は開かない 夢は枯れ野まで行きつかない 足は震えたまま動かない 腕は思い通りに曲がらない 時空は厚い灰色の雲に覆われている 何故か風も吹かず 雨も降らない あなたはどこにいるのだろう 声も聞かなくなってしまった 鳥も犬も猫もいっさいの動物は居なくなってしまった…
コメント:0

続きを読むread more

きみの名前は忘れない

何年たっても どこにいても 忘れない ただ 忘れたほうがいい 忘れるべき 忘れないと苦しい せつない 胸が締め付けられ 何もできなくなる すべての記憶を消せたら どんなに楽になるか 思い出に取り憑かれ 身体中が重く動かなくなり 何もできず 寝たきり…
コメント:0

続きを読むread more

眠り眠る眠り夢

何か合宿に参加 研修かもしれない 4人一部屋 自習室も パソコンも 図書室も 食堂で大人数で朝昼夕 分厚い教科書が何冊も 夜は復習と予習 課題は毎日出る レポート提出 朝は6時起床 7時から朝食 8時から朝礼 講義は9時から4時まで 講義が終わると…
コメント:0

続きを読むread more

あなたとあなたは仲が悪い

仲良しこよし 手を繋いだままぶん殴る 力で力を制圧 なにしろ仁義なき職場 憂いも悩みも後悔もない ここで一発 ドカンッと花火を打ち上げる それ見たことか 周りはみんな引いている 喧嘩祭り 流血 警察沙汰 だれがだれを あまりに入り乱れ 首謀者がわからない…
コメント:0

続きを読むread more

無断欠勤

だろうか 有休か 朝から帰りまで 顔を見ていない 本能寺の変 島原の乱 思惑は知る人ぞ知る 明日はたぶん出勤 テレワークか リモートワーク推奨 コロナ対策万全 勤務体制混乱 お化けが出るか 邪が出るか さあさあさあさあささあさささあさあさあさあさあ …
コメント:0

続きを読むread more

儲け話に騙されるな

簡単に儲かる ないないない 他人の甘い言葉 特に信用できそうな雰囲気 損しない保証します 万が一損をしても元金は戻せます ここだけの話 今だけの話 このチャンスを逃したら 必ず増えます増やします ノウハウは秘伝 プロもやっています はじめての人もたくさんいます …
コメント:0

続きを読むread more

労災・障害等級第7級 外貌に著しい醜状を残すもの

☆ 外貌における「著しい醜状を残すもの」7級12号 原則として次のいずれかに該当する場合で、人目につく程度以上のものをいいます。 頭部 手のひら大(指の部分を含まず)以上の瘢痕又は頭蓋骨の手のひら大以上の欠損 顔面 鶏卵大面以上の瘢痕、又は10円銅貨代以上の組織陥没 頚部 手のひら大以上の瘢痕 ☆ 外貌にお…
コメント:0

続きを読むread more

いい人で終わる理由

いい人は形や表面にこだわり 争いや困難の前で沈黙する 明日も明後日も 揉めごとなく 平穏無事に過ごす 求めることは失うこと 失うことはみじめになること 想像して前もって避難する 火中の栗は拾わない ヤケドもしたくない 無茶なことをしても失敗すると思う 何度も失敗して無様な…
コメント:0

続きを読むread more

妻を必死で追いかける

とにかく逃げ出した どこに逃げるのかわからない ここは危険だ 変な動物もいる 裸の男も女もみんな 殺気立っている コワイとにかく 殺されるかもしれない不安 前をだれかが走り出した あれは妻だ 思わず追いかけた だが思いのほか足が速い 裸足にボロ切れのような服で …
コメント:0

続きを読むread more

20年間

なにも変わらない すべて変わった 歳を重ねた 黄昏を感じる 悪あがきしている あなたを憎んでいる 想い出が自分を苦しめる はじめからやり直したい なかったことにしたい 過去の自分を消し去りたい それでも 喉の奥深くにつっかえている 過去の澱に呑まれ 騙されたこ…
コメント:0

続きを読むread more

歯医者に行く日

歯医者嫌いな子ども はじめて歯医者に入り 痛くてどんどん目から涙が それでも口を開けたまま じっと我慢した 学生の時 一人暮らしで 歯みがきがいいかげんで 歯垢が山のようにたまり こんなに歯垢がすべての歯にこびりついている人 初めて見たと言われて 恥ずかしく また歯…
コメント:0

続きを読むread more

たいせつなあなたに

あなたはいつも笑顔だった 苦しいときも つらいときも 悩んで前に進めない時も ぼくの前では常に笑顔で なにも心配いらないという顔で かえってぼくは自分のふがいなさに あなたの笑顔が救ってくれたような 言えない感謝を胸に いつもあなたの笑顔を探していた あなたから笑顔が消えた …
コメント:0

続きを読むread more

エージェント契約終了

毎年契約更新してきた なんとか今年も 4月から新しい更新となった 社員ではない ただの請負い人 必要なければ いつでも契約解除となる 別にいいか と思いながら 一応勤めているように見えて なんか世間体だけのようで 頼りない自分 いつ糸が切れるかわからない凧 安…
コメント:0

続きを読むread more

さんざめくはなやかにくるおしく

はさみでゆびをきる おやゆびから こゆびまで あとかたもなく ただてのひらだけ これがほんとうのすがた ちんこもきりおとし きんたまももぎとった めだまもえぐりとり はなはうえきばさみできり みみはかったーないふですぱっときりとった なにもいらない なにもない …
コメント:0

続きを読むread more

こんなにいいしれぬおもいを

なぜか押し寄せてくる 苦しみや悲しみやいとしさのかたまりが うぁぁぁぁぁ わぁぁぁぁぁ 沁みるようなむなしさ 堕ちてゆくようなはかなさ この世は終わりに近づいて まるで黙示録のように ラッパの音が高々と 何十もの頭を持つ怪物をつれて あなたの名前を 失った大切なものを …
コメント:0

続きを読むread more

なぜ仕事をするかなんて

なんてあまり考えない 介護や支援を必要とする人のために 毎日そんなことばかり考えていない みんな元気に毎日過ごしてくれて 突然呼び出されたたり 文句を言われたり アレしてくれコレしてくれと 一日中役所や施設を駆けずり回り プランやいろんな書類作成をし ではサービス変更しますか …
コメント:0

続きを読むread more

不道徳者

たまに昔書いたブログの記事を読むと 正気でない あまりにエグ過ぎる 表現が下品最低 書いてはいけないことを 平気で書いている 人間性欠落 不道徳悪徳破廉恥 犯罪者そのもの ロリスカトロネクロミリア 盗撮性犯罪痴漢激辛 マゾ超マゾ被害者づらの快感 バカらしい 性…
コメント:0

続きを読むread more

人生の落伍者から

危ない橋を渡ってきた ひどい目にあったし ひどい目にもあわせた 苦しく貧しい時がほとんど 一時だけ金を湯水のように使った 今はほぼ一文無し やっとそこから 這いあがろうとして またいくつも壁が 天災人災 日ごとに悪くなる職場 未来のミライは 何もないかもしれない …
コメント:0

続きを読むread more

労災就学援護費

次に該当する在学者 年金給付基礎日額(スライド制が適用された場合にはスライド後の額) が16,000円以下(いったん支給対象者に該当していたことかある者に 限り、その後のスライド改定で16,000円を超えても差し支えない。以下 同じ)であり、かつ、その学費の支弁が困難であると認められる場合 には、月額14,000円(小学生)〜…
コメント:0

続きを読むread more

間違いを恐れるとロクなことはない

間違いを恐れて 発言しない 行動しない 答えない わたしも間違えて発言し しまった後の祭りだと 思うことばかりだが 間違うことで 何か次からこう言おう いやこれは違う方法でやってみるか とか なんとか 意識して模索して 少しでも良くなるように 工夫をする…
コメント:0

続きを読むread more

考えてもわからないことはわからない

社会のためにと言っている その人はほんとに社会のためか 自分の財産を増やすため それもほんとうか 自分は何のために 何をしている なんてハッキリ言えるか もっと複雑じゃないのか だれかに遠慮したり 何かを忖度したり もっと行ったり来たりで あやふやなんじゃないか そ…
コメント:0

続きを読むread more

妻に嫌われてもいい

自分は自分の道を行く ただし妻はわたしにとってかけがえのない たったひとりの理解者 それでも 自分は自分のやりたいことを 頑固につづけていく あまりの頑固さに 妻がわたしを嫌うかもしれないが わたしは妻のことをいつも思っている なにかあれば真っ先に対処する それはたしかだが …
コメント:0

続きを読むread more

越えられない記憶

あの一瞬を思い出す 言葉がむなしく 世界がいっさい闇になる いちばんたいせつな人に 氷のように閉ざされ 軽い見下した笑みを 存在そのものがすべて否定され 過去の出来事が あっという間に 無に帰した なにもなかった はじめからなにもなく だから終わりもあるはずがない …
コメント:0

続きを読むread more

介護業界に足を踏み入れてから

パニック障害からうつ病になり 会社を休職していた その時自分に合った仕事はなにか 悩んでいた 苦しんで もしかしたら それは 介護福祉の世界に 自分の存在を 会社を辞めてすぐにヘルパーの資格を取り 介護福祉の世界に身を投じた だがはじめに勤めた社協では 事務専門で現…
コメント:0

続きを読むread more

あひはひほらふへはふほへふふ

に寝なにねぬかになかなか何や地にたま仲間や玉名とやらなやなやら生や眉 ヤダァや肩やらやなためやなもやにあてはあとわーはたやら まやたおななゎなたはほ。ぬかたやまらにお」「めらゃわ 生アドラ坂田山笠の笑なたやちなまんなよわなは罠やわマハや ゆたやなあやまかは人ワンなら屋根はわたメリメ わまとやけしもよらかおら…
コメント:0

続きを読むread more

最近の病気事情

やや高血圧 腎機能低下 尿酸値高い 不正脈時々あり 尿漏れ常時 再発見られず 呼吸やや苦し 肺活量低下 誤嚥可能性あり 定期的運動継続 パニック障害発作時々 前立腺全摘のため三年間勃起や射精なし つまりほぼ精液や精子は作られていない タネなし 性欲なし …
コメント:0

続きを読むread more

損益計算書勘定科目

【費用】 仕入 売上原価 発送費 給料[いろいろ引かれて手取りは少ないですが} 法定福利費〔会社と折半ですが〕 減価償却費〔建物や備品など固定資産使用による値落ちの費用〕 広告宣伝費 通信費〔切手代や携帯電話代など〕 水道光熱費 修繕費 租税公課〔印紙税や固定資産税〕 …
コメント:0

続きを読むread more

9時06分現在あなたはなにをしていますか

世界でなにが起こっていても あなたはどこかにいて なにかをしている それとも なにもしていないと 生きていれば 呼吸もしているし 心臓も動いて 血管には血液がめぐっている わたしも雨の音を聞きながら ひとりで たったひとりで だれかのことを いやだれだったか …
コメント:0

続きを読むread more

また夜通し電子本を読んでしまった

裁判の話 裁判員制度がはじまり あなたも裁判に携わることができる 身近に候補者の通知が来た人もいる ただ自分から進んでやりたくない 人の一生を左右する 自分の決断が ひとりの命まで 圧倒的なプレッシャー ダメだ 自信のカケラもない もしかしたら極悪人の再犯を どちら…
コメント:0

続きを読むread more

世の中はそんなにみごとに逆転しない

小説を読むと 最後にみごとなばかりの逆転で 窮地を救われる主人公がいる 現実には ありえないとはいわないが 運ときわめて稀な資質と労力が ほんとうに小説よりもありえない結果を 生み出すこともないとはいえない だけどそれは 逆転しないことを 否定する材料にはならない 逆転し…
コメント:0

続きを読むread more

雨が降る降り続ける

はからずも 泣けてしまった なぜに人は人を 素直に愛せないのか がんじがらめの常識や 思い込みや すり込みや 大人から教えられた 必要ない体裁 形だけの礼儀 うわべだけの付き合い もうやめろ 素直に裸のみっともない自分と向き合い 砕け散る岩のごとく ぶつ…
コメント:0

続きを読むread more

糞食らえ節

やんなるやんなる 仕事もやめろ 勉強もやるな 遊べ酒飲んで 夜は寝ないで 朝から寝ろ はあ糞食らえ はあ糞食らえ 父ちゃんも母ちゃんも聞いとくれ 街でいかした兄ちゃんも スラリ脚長姉ちゃんも みんないっしょに はあ糞食らえ はあ糞食らえ 涙流して悲しむあ…
コメント:0

続きを読むread more

正しさの証明

あなたは間違っている そう言われてきた なにもかも 正しさを知らず 誤った方法で 知らん顔をしながら 人を傷つけたり 自分の過ちを人に被けたりして 責任や叱責から逃れ ほんとうの正しさから遠く かけ離れてしまった だれもいない公園で 時間を潰し なにもしない1…
コメント:0

続きを読むread more

あなたがわたしを嫌いな理由

振り向かない わざと無視をする 機嫌のいいときだけ挨拶する 見下したような視線 不躾な質問 出身学校を聞く 耳元で他人の噂をささやく 時には愚痴ばかり 電話を素早くとれと命じる 上司でもない ただの嘱託社員のくせに偉そうにしている みんなに嫌われている それに気づか…
コメント:0

続きを読むread more

あまりにも世界はもろく崩れやすい

人と人とのつながり なぜあなたはだれかと出会い また別れ そしてまた家族をつくり 同じような日常生活を送り それが明日も同じようにつづくと考えている もろくもそれは一瞬で崩れ去る 病気災害事故 一秒後には死んでいるかもしれない ただ三十年後まで変わらぬ日常がつづいているかもしれない …
コメント:0

続きを読むread more

工業簿記

製造業に使われる簿記 工場、造船所等で使う 【資産】現金、材料、仕掛品、製品 【負債】買掛金、未払資金、所得税預り金、社会保険預り金 【純資産】資本金 【費用】賃金、外注加工費、特許権使用料、減価償却費、水道光熱費、棚卸消耗費、保険料、修繕費、製造間接費、売上原価 【収益】売上 工場ではいろいろ…
コメント:0

続きを読むread more

いじめられっ子

小学校でズボンとパンツを脱がされた 下校途中で待ち伏せされ 脅迫された 自分が悪いことしたから 逃げればよかった 抵抗すれば だれかに訴えていれば できなかった 自分の中でしまいこんで 毎日憂鬱だった 夢や空想では思い切り仕返しできたが 現実は暗く身動きできなかった …
コメント:0

続きを読むread more

キジル氏の本懐

いつからだろう 自分がキジル氏であると知ったのは たぶんものごころがついたとき 体が弱くすぐに風邪をひき 家で寝ていることの多い子ども 天井を見つめながら いつも頭の中で戦争をしていた 天井は血で真っ赤になり 布団も自分の鼻血で真っ赤なシミができた 鼻の血管は切れやすく いつま…
コメント:0

続きを読むread more

災害は忘れた頃にやってくる

いつも忘れない あの日のことは 今日だけではない 明日からも毎日 心して生きよ 災害には人災もある 日航機123便は明らかな人災 隠しても忘れない 阪神淡路も 関東大震災も 伊勢湾台風も チリ大地震も 南京大虐殺も 広島長崎の原爆も ホロコーストも …
コメント:0

続きを読むread more

推定死刑

死刑の是非は別として 現在の量刑 死刑とするならば 極悪で基本的に2人以上殺害した者 もしくはそれに匹敵する凶悪な犯罪者 だとしたら わたしは推定死刑かもしれない 夢やゲームならば果てしない人数を残酷無比に 現実ならば確定死刑だが 今は推定死刑にすぎない 内面の悪どさを隠して …
コメント:0

続きを読むread more

がん患者ノート

痛みには敏感になる 治療法をいろいろ調べて 悩んで相談するが 結局最後は自分で選択することになる 手術となれば 手術できるぞ良かったと喜び 手術できないと言われたら 全身麻酔や激痛に苦しまなくて良いと 胸を撫で下ろす 抗がん剤治療は 少しでも気持ち悪かったり つらい状態に…
コメント:0

続きを読むread more

ネクロファイル

肉体は滅びない 今から100年前 彼はまだ生きていた 今から100年後 彼はまだ生きている 世界は不思議に愛されている 形のあるものは すべて永遠に生きている 形がなくなった後も その形は記憶として生きている あなたも永遠だ 冷たく蝋人形のように かたく動かなくても…
コメント:0

続きを読むread more

眠るケーキ

ケーキは冷蔵庫で眠っている 永遠に食べてもらえない ケーキは不思議に思った だれがぼくを買ったのだろうか 孤独な老人か 子供を亡くした女性か でもぼくは食べられたい せっかくだれかの喜ぶ顔を見るために こころをこめてつくられたのだから ぼくのいのちは食べられてこそ報われる なの…
コメント:0

続きを読むread more

サクラチル

何度も何度もサクラは散って はいあがろうとした それでも気力と体力がなく みじめにチリオエタ 負けず嫌いになりたかった 若いころもう少し やる気と根性と ほんとうの智慧があれば 今はもっと たらればは 鱈レバーしかない やり直すことは不可能 ならば あるだけの…
コメント:0

続きを読むread more

人は合理的で社会通念に合ったことだけしているのか

合理的ってなんだろう 社会通念とは 一般的に人が行うだれもが納得できること 不合理は排除 社会通念に合わなければダメ あなたの行動は合理的でだれもが認める常識の範疇にありますか なければ早急に直してください 社会人としても学生生徒としても 失格です わたしは失格して 冷たい部屋…
コメント:0

続きを読むread more

中国語睡眠学習

夢がすべて中国語 子供の言う言葉まで なんとなく自分も簡単な中国語で答える すべてまわりの人たちは 日本人も中国語を話している ここはどこだろう 女の人がロシアに留学すると話している 子どもは毎日塾に通う話をしている 日本人も流暢な中国語で将来の夢を話している 半分くらいは意味がわか…
コメント:0

続きを読むread more

反吐をはきそうだ

緑色のかたまり 口からもどす 便器の中が緑生物となり 吐きもどしは 生きる糧に 死ぬべき日に よみがえる 植物か謎の宇宙生命体か なにしろ 食欲がなく なにも食べていない 古い時代のブロガーも 食べられず亡くなってしまった あの頃を思い出そうとしても 勉…
コメント:0

続きを読むread more

買っただけで食べないケーキ

自分のためだろうか よくわからない 誕生日のケーキ 食べるつもりはない 冷蔵庫で寝かせて 来年の誕生日命日に だれかに食べてもらおうか なぜ買ったのか わからない 偶然 必然 人の気持ちの奥底は 自分でも理解不能 人の行動も 時にチグハグに 意味不…
コメント:0

続きを読むread more

自殺した人たち

流れる水がごとし 否定も肯定もしない 批評も批判も同調も 運命生を受けたときから 変えられないものや 受け入れられないもの 矛盾や挫折 希望や満足 絶望に虚無 まるで標本のように 並べて品評する かれはおしまい かのじょは立ち直る 曖昧で結果は真逆 わか…
コメント:0

続きを読むread more

たまに急に死にたくなる

呼吸が止まる またはじまる いかんせん 意欲がない 生きようとしても 常に あきらめや ためいき 世界はだれのためにもない もうそろそろ いいだろう さんざんに生き恥さらし 半世紀以上も ここで終わり いつでも OK ケーキも買ってきたが …
コメント:0

続きを読むread more

ケーキも買わず眠ってしまった

食事に行く夢 料金は前払い ちょっとトイレに行きたくなり ショッピングモールのトイレに 店の外には 広い通路と 入り組んだ迷路のような通路が入り組み トイレの標識を探しながら どんどん深く深く ボーリング場やエステクラブ 家電製品を売る店やブティック ギャラリーに子ども広…
コメント:0

続きを読むread more

ストーカー記念日

時々思う 熱しやすく冷めやすい ストーカーとは程遠い だが奇妙に侮辱や嘲笑されたことは いつまでも忘れない それがだれであろうとも 復讐心は時にストーカーよりもこわい 思い出すとはらわたが煮え返り なにか相手の悪どさだけが そのために手下のように言うことを聞き 小間使いのように…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ陰性判明

助かった 他に陽性者は出なかった しばらく職場はゴタゴタするが なんとかなりそう コロナ発生防護服着た戦場に ひとつ山越えて油断は禁物だ だれもみな警戒すれどウィルス侵入 明日からまた日常になるかどうか
コメント:0

続きを読むread more

誕生日とは死に至る記念日だ

生まれることは不幸のはじまり 死ぬまでの艱難辛苦 長い短い辛抱 約束できないアポ 信じられない自分 騙し騙し何十年 早逝に憧れ 晩年を時雨 誕生日は憎しみと怨み 見かけだけの楽しみ 死んだ仲間たち 記憶に残る 心臓を突き刺される日々 笑うあなた 騙すあな…
コメント:0

続きを読むread more

まるい扉

その扉の向こうは 宇宙だ 飼い殺しの亡霊たちが 煙の中を 音楽が浮かんでいる ことばのカケラが沈んでいる 恐怖と無感情が混在し 嵐のようにぐるぐる回っている 阿修羅か 菩薩か ルシフェルか エンジェルの死体か あらゆる混沌が結ばれずに ソーシャルディスタンシン…
コメント:0

続きを読むread more

不倫する人

会社で不倫している人がいる 公然の秘密 偉そうにしているが バレている 部下のひとりは完全に拒否反応 それにも気づかず 威圧的に命令している 部下は従うふりをして 言うことを聞かない 毅然とした態度で 出来ないことは出来ないと それでも不倫上司は いろんな仕事を命令…
コメント:0

続きを読むread more

本日PCR検査を受けました

同じ会社の人が新型コロナ陽性となり わたしも先週接近遭遇したとのことで 保健所の指示でPCR検査を受けました 検査は唾液を採取するけんさ なかなか唾液がたまらない やっと検体を提出して終了 結果出るまで自宅待機 今後の対応を 発熱なし 体調良し 濃厚接触者ではなく 関係施…
コメント:0

続きを読むread more

1日は淡々とはじまる

あなたの1日は だれとはじめますか わたしはいつもひとり ゆっくりと目を覚まし 思考をかきまぜながら 本日訪問する人たちや 日々そのひとを支援する事業者様 自分は果たしてきちんと かれらと向き合って 話が 本音が こころが 通じるように 自分らしくすべてを尽く…
コメント:0

続きを読むread more

わたしを必要とする人がいるのかわたしは必要とされる人間なのか

もうだれもわたしなんか必要ない 毎日そう思ってしまう でももしかしたらひとりぐらい わたしを待っていてくれる人が 日々の仕事で奔走し ドタバタしながら だれかのためになりたいと 介護福祉の道に入った 今は自分が逆に介護福祉を受けることが 必要になりつつある まだなにか自分にもで…
コメント:0

続きを読むread more

喧嘩しないが言いたいことやりたいことは言うやる

健全かどうか 家庭でのストレスはほぼない 仕事ではかなりある それでも なんとなく気になったことは口にする なにも言わないと わかっている それでいいんだな 反論はないのね いやいや少し言わせて ちょっとそこがおかしい まあ言ったところで 変わるわけでもない …
コメント:0

続きを読むread more

明るい未来味蕾美蕾美裸

泣かず飛ばず 就職した頃は 奨学金の返済もあり なかなか貯金できなかった さりとて 日々の仕事は単調で 疲れて帰れば アパートで寝るだけ ロクなモノも食べず 夢も希望もなかった 木造アパートの畳の床は 体重をかけると凹み 自分のこころも凹んでいた あの頃もっと…
コメント:0

続きを読むread more

タイトルホルダー

名前がいい 走りもいい 名前は勝手につけられて 名前にプレッシャーを受けたり 名前でイジメにあったり 運が良かったり 悪かったり 画数で占ったり 改名したり 通称を使ったり 夫婦同姓をやめたり 名前がテレビや新聞に出たり SNSで大騒ぎになったり 同姓同名で迷…
コメント:0

続きを読むread more

シュプレヒコールの波

中島みゆきさんの世情 今聴いても いや今だからこそ シュプレヒコールはSNSで 匿名のもとに ほとばしる社会に対する切実な思いを 誹謗や中傷や過剰な批判や吊し上げ ゆがんだ形でまとまりもなく ゲリラ豪雨のように 炎上しながら水浸しになる 熱い真摯な思いは 重なる正義や義憤…
コメント:0

続きを読むread more

だれにもわからない

36協定の労働者代表者を適当に決めている 労働組合のない会社が恣意的に代表者を決めてはいけない などなど 見てはいけないものを 見てきた これからは不正を正す立場になる とはいえ いや それでも ちゃんとやるべきことを 知らせやってもらい それをやるべき専門家として …
コメント:0

続きを読むread more

涙くんさよなら

泣いてばかりいた 人生があとわずかで 終わるかもしれない 1日が灰色から真っ黒に それでも なんとか 生きてきた 不規則な生活 ジャンクフードばかり食べて 病は起こるべきして起きた それから数年に一度入院 入院するたび 見舞いの人たちが変わっていった やすらか…
コメント:0

続きを読むread more

花粉症と新型コロナ

花粉症でマスク 新型コロナでマスク 二重マスクにフェイスシールド それでも花粉は飛び交い コロナは飛沫感染する はてな❓ 風邪とインフルエンザはどうしたか 咳をする人は嫌われ 鼻水を垂らす人も避けられる テレワークリモート会議 いつもどこかで 仕事は見えないところで密やか…
コメント:0

続きを読むread more

勤務シフトが複雑なころのこと

早番・日勤1・日勤2・中勤1・中勤2・遅番1・遅番2・夜勤1・夜勤2 うっかりすると翌日の勤務がわからないで シフトのコピーを見ても印刷が不鮮明で 1か2かどちらかわからない 職場に電話すると 忙しいときに電話するなと 1と2を間違えて出勤すると 早く出勤したときはいいが 遅くなると遅刻で…
コメント:0

続きを読むread more

見捨てられた人

真面目でやる気があればあるほど 泥沼は深くなる 人は冷たい みんな横並びで できることも できる速さも 知識も応用力も 自然と日々の業務をしているうちに 身についていくものだと 思っている 能力は人それぞれで 理解力も その処理能力もまちまちで いろいろな指導…
コメント:0

続きを読むread more

ランダム化比較試験

さぶらふサムライ 狂える輪 桜サクサクサクラサク フリンリンリンリン倫理 影のある笑かお顔がお顔か 走る人走ると火走る人 顔面法改正法改正崩壊 ラクダのもももももすもももももももにはいろいろある ウラニハニハニハニハニハニハニハトリガイル 観劇感謝感激花観劇間下巻 罍んモバイル…
コメント:0

続きを読むread more

謀反した人

明らかにサボり 姿を消したまま 消息を絶った 電話にも出ず メールも来ない 職場職務放棄か なぜか やる気を無くしたのか 不満があるのか 精神的に追い込まれたのか いずれにしても 深刻な状況 最悪の結果には 来週は元気に復活する だろうか
コメント:0

続きを読むread more

今日からまた新しい今日へ

老いる病で弱る こころも深く沈む わたしはただ見守る 彼らのこころの声に耳を傾ける なにもできない 無力は重圧となり いたたまれなく 逃げ出したくなる それでも逃げることはできない 最期まで 生きる時間を 少しでも納得できる 穏やかで自分らしくいてもらえるように …
コメント:0

続きを読むread more

さあ煮ても焼いても食えないわたし

明日は昨日の風が吹く 風が吹くとだれも儲からない 三度の飯より四度の飯が好き 好きほどモノは下手になり 下手のたて好き 汚れ物をぶちまける 論より理屈 屁理屈言うなら靴を履け 吹けば飛ぶよな財布の軽さ 軽薄なのに重厚ぶる ぶるぶる震える室内温度 外より低いヤル気 考…
コメント:0

続きを読むread more

パズルゲームか簿記3級

仕訳日計表の穴埋め 入金伝票や出金伝票にも金額が抜けていて 総勘定元帳も得意先元帳も仕入先元帳も歯抜け パズルだ これは簿記パズル こんな問題 あんまり意味ないかと 思うが 基本ができてないと 結構悩む 6月の試験は3級2級同時受験狙い まだ2級のテキスト読みはじめたばか…
コメント:0

続きを読むread more

確定申告終わった

なんとかかんとか 確定申告書類提出完了 来月に不足分の税金払います 国民のひとりだったか 下級国民最低民度のわたしにとって 国民の義務を果たすのは なんとも烏滸がましい ハンコ押して終わり 恥ずかしながら確定申告してまいりました 来年はe-taxにしよう 家のパソコンで完了でき…
コメント:0

続きを読むread more

嘘つき

人生そのものが嘘 虚栄 大げさ 目立ちたがり 誇大広告 年齢詐称 経歴詐称 嘘のために嘘を重ねる 本音を隠して人におもねる 弱いから ハブられたくないから いいじゃないか嘘のひとつやふたつ 開きなおる ホント発見機 見ないで目を背けたまま 一生嘘で…
コメント:0

続きを読むread more

いつかこの地球上で

あなたに会えたら それだけで 生きてきた甲斐がある 受け入れてきた意味がある 待っていたことが無駄にならない 今まで何度もあきらめそうになり ヤケになり浴びるように酒を飲んだり 夜の街をフラフラしていたり なにもすることはなく 仕事も辞めてしまい 次の仕事も 何回面接を受…
コメント:0

続きを読むread more

朝が来るたびに思うこと

はじまりという奇跡 あたりまえの貴重 憂鬱 出社拒否 葛藤 しあわせというふしあわせ えいっと踏ん切り はじまることのすばらしさ はじまることのつらさ なにもかも混沌 行けばわかる 行ってもなにもない 肯定と否定 自分ができること 自分ができないこと …
コメント:0

続きを読むread more

わたしの生きる価値

ない ある あるようでない ないようである 少しはある 全くない あるべきである だれもがある だれもがあるとはかぎらない なくてもいい あるはずがない おまえにはない ないといえばウソになる あると断定もできない いやたしかに以前はあった 今のお…
コメント:0

続きを読むread more

苦情処理

あきらかにクレーマー こちらのミスに対しての正当な請求 最初は穏やかに 徐々に興奮し 地雷を踏んだら爆発する 強敵は静かなクレーマー ひたすら証拠や根拠を求めて 理詰めでこちらの非を追求する それも限りなくジワジワと 時間をかけて何度でも 終わりのないクレーム 解決の仕様…
コメント:0

続きを読むread more

やることが山積み

確定申告 課題レポート提出 問題演習 資料の精読 年間嘱託社員契約の更新 今週の勤務計画の作成 有給休暇の申請 妻の職場への送り迎え 夕食の献立 病院の通院の確認月4回 ブログの更新 今月の小説10冊読破 車の洗車 部屋の片付け 掃除洗濯 フィット…
コメント:0

続きを読むread more

仲間はずれ

過去はつらかった 今も悲しい 暗黙の了解 不自然な空気感 避けられている ハブられている 無視されている 強烈な孤立感 近寄るだけで遠ざかる なにか悪いことしたか ぼくがいったいなにをしたっていうのか みんなころしてやりたい 憎しみがわいても 現実は変わらない…
コメント:0

続きを読むread more

春は残酷であると言った人

春は永遠に冷たい 冷静に人の運命を見つめ 華やかな笑顔と いたたまれない苦しみの顔を 同時に咲かせ よけいに切なく不条理に 運命の残酷さを浮き上がらせる さわやかなデビューの春 息をするのもやっとの春 最期はどちらも悲惨だとしても 途中経過は明暗そのもの 人生にはものがた…
コメント:0

続きを読むread more

嘱託社員とパート社員

どちらも非正規社員 明日のない身 路頭に迷う 最近は正社員も安泰でない 終身雇用からジョブ型雇用へ 社員から請負へ 安定から不安定へ 一律昇給がなくなり 能力とジョブの質により賃金が上下する 年間契約月間契約週間契約日雇い契約時間雇い契約 契約は変化し やがてなくなる …
コメント:0

続きを読むread more

まだ花見にはならない

なかなか状況は厳しい 花見もリモートだろうか 桜咲く画面に見入り春寒し 人は人を求めて 集まり 話し 体を寄せ合い おたがいを感じる 存在を確認する リモートでは 知らない人は 知らないまま終わる 何か伝わらないものが 微妙にあり 画面からは 伺い…
コメント:0

続きを読むread more

時間短縮法

丁寧にはじめからきちんとやらない 端折る 分断して 時間を短縮する 試験にはこの手をつかえ ただひたすら基本形にこだわり いちから細かくひとつひとつ 問題を区切り区切り解いていくと 非常に時間と手間がかかる 基本ができていれば わざとひとつパスして いきなり次の段階からは…
コメント:0

続きを読むread more

弥生3月生まれ月

人のわかれ道 いつも来るかもしれない生まれ月 来ないことは考えない 頭は今でいっぱい 今なにしようか 今どんなことして楽しもうか 本を読む 勉強をする 電卓を叩く 確定申告をする すべてが有意義な楽しみ 昼寝をする Youtubeを見る 映画を観る 美味…
コメント:0

続きを読むread more