たどる(2013/11/20 21:32 自分のブログ再掲)

軌跡をたどる 道なき道を歩く 氷河の溶けゆく北極を泳ぐ ミシガン湖で夢を見る 上海で蟹を食べる 饒舌に自由を語る 監禁されてもすぐに逃げ出す 砂漠でさまよう 防空頭巾をかぶりながら 砂嵐に目を閉じる 地面を掘る つま先でかかとを蹴る ずいぶん先に漁船を発見する …
コメント:0

続きを読むread more

伝説の才能

彼はいつも寡黙で古典文学ばかり読んでいた 友だちも多く 時には暴力を振るやつや 金をせびりに来るやつなど いろんな人間と いろんな場所に行き さまざまな経験を積んでいた 彼は風の噂では 研究者になり 大学教授になったとか その才能はきっと だれもが評価するに違いない …
コメント:0

続きを読むread more

夕食はざる蕎麦と生姜のかき揚げ

蕎麦湯もおいしい 生姜はしつこくなくていい これから財務諸表の問題を解く 3級簿記はなんとか問題も解けている 仕訳もほとんどできるようになった ただ2級の壁は高い とにかく3級がマスターできたら 今月中に2級の学習をひと通り終わらせる チンプンカンプンだろうが 何回も繰り返し …
コメント:0

続きを読むread more

記憶力低下

今言われた電話の相手様の名前を忘れる 朝ごはんのおかずを昼には忘れる 自分の携帯番号を忘れる 銀行のカードの暗証番号を忘れる アカウントを作ったのを忘れる 頼まれた買い物のメモを忘れる 保険の支払いの領収書をどこにしまったか忘れる 昔の職場でいっしょに仕事した同僚の名前を忘れる 職歴の一部…
コメント:0

続きを読むread more

職場内第二次戦争

雇われるものは 辞令を拒否して 自ら辞する だがひそかに第二弾をこめていた 洗いざらい職場の膿を出し その後の対決に備え 今はじっと静かに その時を待っている 恨みでもつらみでもない ただ粛正のため 立つ鳥は雄々しく羽ばたいて去る
コメント:0

続きを読むread more

朝はどこから来るのか

眠るうちにひそやかに カーテンを開けるとあっと言う間に 東の空に輝く光を見た時に どこから 空から 空気から 気温から しびれるような気 肌のひとつひとつを 目覚めさせる刺激 リフレッシュの繰り返し もしかして 近くに隠れていて 突然あらわれ どこから来…
コメント:0

続きを読むread more

寒い朝

いつもより寒い ただ例年と同じくらい 平均的な気温 最近暖かすぎた 少し気温が下がると 新たな寒さを感じる 温度ではない 体感だ そういえば どんなに寒い冬も 半袖のTシャツ一枚で まったく平気な人 身体が気温になれ 体感が寒さに強くなる 寒さも暑さも …
コメント:0

続きを読むread more