数えきれない嘘に囲まれて

ほんとうのことはいくつあるだろうか まじめに真剣にほんとうのことを探せば それを見つけるだけで骨が折れる 見せかけのほんとうはたくさんある ほんとうらしく飾った偽物も 中身のないほんとうらしい言葉 説得力のある理屈 経験したことのない嘘をまるでやったかのように語る 小説は嘘のるつぼだ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠る眠る眠る

とにかく朝から晩まで一日眠る 夢は見るがたいした夢でなく 眠ることによってより眠くなる 身体の疲れというより 頭が疲れている 頭は使わなくても 神経を使うだけで 疲労は限界に達し いらぬ喧嘩やもめ事を引き起こし それでもなんとか 眠ることで解消できることもある それからひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世の中にはいろいろなことがある

悪いか悪くないか タバコは身体に悪いが気分が落ち着く 酒は飲み過ぎなければ百薬の長だけれど 何もかも忘れるほど飲みたい時もある 誰かにとって良いことが 他の誰かには弊害になる それを繰り返し生きてきた 法律を破れば捕まる 法律を守りながら人を騙す ギリギリの綱引きを 一年中続け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反省の日々

今はどんなに苦しくても いつか楽になれるかもしれない 背伸びをしてみたり すべてを自分でかかえこんでも いずれ行き詰ることはわかっている 肩の力を抜けと言っても なかなかよけいに意地になって 時にはつまらないことで感情が爆発して よけいなことを口走ってしまう それでも胸の内に溜めてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形はさまざまに変わる

ひとつには自分を信じること ふたつには言われたことを鵜呑みにしないこと 自暴自棄になっても たったひとつでも曲げない信念を持つこと 流されそうになったら きみの住む空を見ること 痛みをチクチクと突かれても 冷静に痛みを避けること 相手に何かを 傷つけることや 発言の矛盾を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プチ整形

ヒアルロン酸の注射 ちょっとした泪袋をふくらませる処置 いろいろちょこっと整形 きれいになるのではなく 自分がいやだと思うところを 自分の好みに形を直す それぐらいいいではないか いやそれでも自然のままがいい きみが気にするほど人はきみを見ているわけではない いやそれは自分が気になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランドセルキッチン・プロローグ

ふたりはいつも仲良し ランドセルを並べるように背負って歩いた あなたは家に帰ってもひとり ぼくも家に帰ってもひとり だからよくあなたの家に遊びに行った ランドセルをキッチンに置いたまま ふたりはいろいろな空想にふけった 羽が生えて空を飛べたらどこに行きたいだろうか あなたはすぐに天国とこた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内示

高い塔を見上げ そこにいる人たちが 1000人も削減されるという 下に降ろされ われわれと同様の作業に携わる ために天から人が降る われわれは高い塔を見上げながら 慈悲なき主を嘆く いきなり内示 塔の上に昇格となる 多くの視線を浴びながら 昇降機に乗って …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生まれ変われるとしたら

月になりたい 夜に反射する光 自ら輝くわけではなく 常に形を変えて見せる 控えめにそれでも たしかに運命と生命のみなもとに同調し 導く静かに確かに 凛として決して目立つことなく 見守っている 見守られている 28日の周期で命に同調し 過去から現在を積み重ね 命に未来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何気ないことに

歩いている 白い自分 黒い自分 地面にうずくまる 天を仰ぐ だれも声をかけず 無言 深夜零時 雪が舞う 吐き気に堪えられず 肋骨が震えるほど嘔吐する 電信柱の横に立つ影 ひらひらと蝶のように舞う雪 景色が七色に光る ここから破滅がはじまった 躓いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明るく生きる

なぜか山が近づく 動くロープに引っ張られ 目的地はもうすぐそこ 2リットルのコーラを30本買って 身体中に取り付け 体重は相撲の力士並みだ 奇跡はオキル 太陽が西から昇って東に沈む 月は日陰で休んでいる まだ時刻表の出発時間は あと1年後くらいになっている 明るいミライは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不健康なこころを癒す

新しい発見 ゆるい生活と だらしない自分 健やかでなくても 少しゆがんでいても それを認め なにも普通であることは 自分らしくいいかげんで 時に猪突猛進しながら 道を踏み外したり 壁にぶち当たったり 時には悪に手を染め 後悔してみたり また恥ずかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立ち直る方法

気分が沈んだとき なにかに行き詰ったとき なにをやってもうまくいかないとき 動くことはやめて 静かに沈思黙考する なにも考えない いつもすることをいつものようにする 複雑なことはしない 無理なことはしない まだまだ大丈夫だと マイペースを保つ できないっかもしれないが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

線路はつづくよどこまでも

曲がりくねった線路の途中で わたしは脱線したのです さいわい転覆や激突の事故にはなりませんでしたが わたしの線路は変形してしまいました もちろんそれは自分で作ったプラレールであり ひとり部屋にこもり その作業に没頭するのは 見ていて怖くなるほどすさまじいものでした 子供のおもちゃではないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きちがいに交通事故

あまり良くない取り合わせ まず無事ではいないだろう 世間が許さない 噂が噂を呼ぶ あの人は危険だ あの人は要注意だ あの人は大丈夫か あの人はおかしい あの人は無視しろ あの人は使えない あの人はだれだろう だんだん声が聞こえなくなる 人の噂も四十九秒 今はな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

儀式

曲芸をやらねばならない それは卓越したものでなく 自然体で行う日常的なものだ たとえば天井まで上ってスパイダーマンのように天井に張り付く または箪笥と天井の隙間に入って隠れる じつに馬鹿げた曲芸の提案は 自分がしてきたのだ これには驚いた つまりわたくしがわたくしのために それをやら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単に復活せず

頭痛はなし 吐き気もなし 今のところ いやこれからも 肉体的には異常なし 精神的影響あり 運転に影響は少しあり 生活に影響はかなりあり 仕事に影響は不確定 自分が自分でないような あるいは自分が制御できないような 危険を感じたり 感じなかったり それでも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通事故顛末記・頭部打撲

あっと思ったら右から来た車に衝突 ぶち当たる瞬間 ああ終わったと 思い切り頭をどこかに 衝撃波と声が だれか呼んでいる なんでこんなところから こちらの道が優先だから なにか答えながら 110番をしていた 119番もしながら 会社にも電話しなくちゃ 声がうつろで頭が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more