テーマ:ケアマネ試験

医療機器

【パルスオキシメーター(pulse oximeter)】とは、プローブを指先や耳などに付けて、侵襲せずに脈拍数と経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)をモニターする医療機器である。モニター結果を内蔵メモリーに記録できるものや腕時計のような小型のものもある。 動脈血の酸素飽和度を簡便に計測できるため、麻酔管理や手術中、ICUでの患者のモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心不全

心不全とは、心臓のポンプ機能の障害(収縮機能障害、拡張機能障害)のために末梢臓器の代謝に必要な血液量を供給できなくなり、臨床的になんらかの症状を起こす状態である。心拍出量の低下による酸素欠乏から生じる呼吸困難・易疲労性・チアノーゼや、肺や全身の臓器の機能低下及び疾患、血管の鬱血から生じる諸症状が現れる。右心不全より左心不全が多い。急性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚血性心疾患・その4

4.急性心筋梗塞 【誘因・原因】  発症以前に、冠動脈にアテローム(粥状)動脈硬化が存在する。冠動脈硬化部位においてアテローム(粥腫:プラーク)に亀裂が入り、そこに血栓が形成されて発症する。粥腫は、冠動脈の血管の内膜にコレステロールや脂肪などの物質と血中にあるマクロファージといわれる物質が沈着したものである。  血栓によって冠動脈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚血性心疾患・その3

3.不安定狭心症 【誘因・原因】  メタボリックシンドロームなどによるアテローム(粥状)動脈硬化の一病態。  労作性狭心症・安静狭窄症の既往や、冠動脈の脂質に富む不安定プラークの存在は危険因子である。 【病態】  急性心筋梗塞を起こす可能性の高い狭心症として位置づけられる。  最近2ヶ月以内に初めての労作狭心症発作が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚血性心疾患・その2

2.安静時狭心症(異型狭心症)  【原因・誘因】  冠動脈の一過性過剰収縮(攣縮:スパスム、spasm)が原因である。  攣縮によって冠動脈が一過性に狭窄することで、心筋虚血が起こる。  【病態】  安静時狭心症は労作性狭心症に対応する用語で、安静時に発作が起こる狭心症を刺す。 冠攣縮性狭心症ともいう。  冠動脈の完全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚血性心疾患・その1

 心筋を栄養する冠動脈が、何らかの障害により血液を十分に送ることができなくなると、心筋は酸素欠乏に陥り、虚血症状を呈する。  虚血性心疾患(IHD)は、一過性の心筋虚血である狭心症と、心筋壊死を伴う心筋虚血である心筋梗塞に大別される。 ○狭心症―安定狭心症(労作性狭心症)<一定の労作で狭心症発作を起こすもの>      不安定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護保険における特定疾病

① 初老期における認知症 ― 65歳未満で発症。アルツハイマー病、脳血管性認知症、レビ-小体病など。 ② 脳血管疾患 ― 脳血管障害。脳出血、脳梗塞など。 ③ 筋萎縮性側索硬化症(ALS) ― 運動をつかさどる神経細胞の変成・消失による疾病。呼吸や嚥下に関わる筋肉や全身の筋肉が萎縮してゆく疾病。 ④ 進行性核上性麻痺、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーマライゼーション

いつもこのことがひっかかる からだもこころも脳もおなじはずだが どこかちがうような じぶんがこころを病んでから こころや脳の病気はすこし 日本ではなにかちがうあつかいを受けているような もともとノーマライゼーションは 知的しょうがいのある人たちが社会で普通に生活できるようにと はじまりから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケアマネへの道・2

 介護報酬の請求の手続きで、よく国保蓮に行った。最初の頃は、翌日10日の締め切りの一週間も前に請求書と明細書のデータを持って行った。それでも、後から間違いがわかって、返戻されてしまったりして、事業所に迷惑をかけてしまった。ケアマネといっしょにパソコンの入力を確認したのだが、入所日や退所日や、起算日の間違いなど、ケアレスミスがあったりした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケアマネへの道

今年の10月、ケアマネの試験を受けることにした。 少しずつ教科書を開いて読みはじめた。 かなりの狭き門のようだが一発合格を狙う。 ユーキャンの講座を受けている。 金を投資したので、なんとかぎりぎりでも受かる。 らねばならない。 まだ道は遠い。 現在、介護報酬について学習中。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more