テーマ:病気

肺癌との闘いにあたって

入院してみて気づいたことだが 肺癌またはその疑いで手術される人たちは みなさんレントゲン検査だけでない わたしのような他の臓器のCT検査などで たまたま発見された人が多い レントゲンにしてもちがうところに微妙な影があり CTで検査したらまったく離れたところに癌らしき患部を発見した そんな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

肺癌と確定され左肺下葉を切除

今日ようやく退院 しばらくほっておいたパソコンの セキュリティソフトがデータの更新で いそがしくダウンロードとインストールをはじめる 左脇から胸を開くと そこには癌の分子が散在していたらしい 悪性の癌であることは間違いないが その病理の確定は次回の外来受診までわからない い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院前夜・一歩前進

人生には挫折や失敗 その他人間関係のもつれや さまざまな問題が起こるが 昨日はそういう意味で最悪の日だった 今日からまたスタート・ライン 号砲と共に一歩ずつ踏み出してゆく 良かったこれからはしばらく 前向きに身体を動かしながら さてどの方向が前になるのやら 未来の予言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トライボール

入院までに練習しておくこと 呼気吸気肺活量 ボールが3つあり 息を吸うと3つのボールが上にあがればよい 次に逆さまにして 息を吐くと3つのボールが上にあがればよい 肺活量の少なく 左肺に炎症を抱えたわたしには 呼気がボール2つだけしか上がらない これではあかん がん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィルス侵入

パソコンのウィルスは撃退した 次に身体の中にウィルスが侵入した 関節や身体の隅々が痛い ワクチンが効いているせいか 熱はなく呼吸器には異状なし だが胃腸はかなり弱っており 食べる度に腹痛が襲い 吐き気も続いた お粥を食べなんとかエネルギーも補給し なんとか入院までには体調を戻す …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬害肝炎とは

1964年に旧厚生省から承認された、とある薬剤。 その名を、「フィブリノゲン」といいました。 フィブリノゲンとは、血液が固まり出血を止めるのに なくてはならない血液中の物質のひとつ。 この製剤は、その物質だけを血液から抽出したものでした。 ところが、この薬剤の中には、 とても恐ろしい病原性のウィルスが混入していたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

覚せい剤・ドラッグ

覚せい剤は、メタンフェタミンの有する覚せい作用から名づけられたものである。  覚せい剤には、メタンフェタミンとアンフェタミンがある。メタンフェタミンは、我が国でエフェドリンから合成されたものであり、エフェドリンは咳止め効果のある生薬の麻黄(マオウ)の成分である。性状は白色、無臭の結晶で水に溶けやすい。1941年にヒロポンなどの販売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術が決まる

肺腫瘤と肺の一部を切除 入院は10日間 患部に炎症があるらしく 今日も血痰が出た 胸腔鏡下による手術 5センチぐらいはメスが入る 術後の過ごし方がたいせつとのこと 手術は来年になる 年の初めは肺の手術 運がよかった 左肺は きっとより強くなり きっと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

検査結果・ほぼ良性腫瘤か

検体・血液・CT・PET・喀痰などなど すべて総合すると 血液の腫瘍マーカーがやや高いといわれたが たぶん良性でしょうが 念のため外科で手術しましょう もしかしたら腫瘤のなかに悪性の芽生えがあるかもしれない ということで かなりほっとしたのですが 肺の中に四センチ大の塊が出来ている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

FDG・PET検査終了

とりあえず予定された検査は今日で終了 あとは診断結果の発表を待つばかりだ ともかく この2日間朝食抜き・昼食抜き 午後2時過ぎに食事をするが おなかが空き過ぎて何を食べても胃がびっくり やっと夜になると もとにもどる 今回2日間で被爆した放射能はごくわずかだというが …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

PET検査・FAMT(腫瘍の悪性度を見る検査)

PET検査      PET検査は、がん細胞のような活動性の高い細胞に集積しやすい薬剤:FDG(ポジトロンを放出するアイソトープで標識されたブドウ糖)を注射して、その体内分布を映像化する検査法で、ポジトロンCT検査とも呼ばれています。  腫瘍の良性・悪性の判断、再発巣の検索、全身病変の検索、リンパ節の質的診断、治療効果判定などに…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

気管支鏡検査・翌日

体中が痛い 筋肉痛になった 低酸素状態が続き 酸素吸入もしたけれど 恐ろしく不快なエヅキが 咳の出ない咳き込みが 身体を硬直させ 腹筋から 両肩の筋肉 ふくらはぎから腿まで 懸命にこらえていた四十分の疲れが出た 今朝は麻酔の影響か 頭が眠くて 横になると …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

肺癌検査・気管支鏡

ともかく苦しい 麻酔をしていても 痛みよりも 気管支を異物が入ってゆく その圧迫感 むせこみ 常に襲う咳 がまんして がんばって もうすこし あと一回 がんばれますか 顔面は紅潮し もうどうでもしやがれと ことばが出せないくるしさと 苦しさをがまん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

筑紫さん癌を語る

筑紫哲也さんがこんなことをおっしゃっている。 「がんは面白い病気でね、これくらい個人差があり、気持ちに左右されるものはない」と言う。「心臓が急に止まるのと違い、余命率がどれくらいという、一種予約つきの人生になる。年数はわからない。ラッキーだと延びるし、短い人もいる」  日々、「ありがたい」と思うことがある。「倒れるまで、一…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

NHK「ニュースウォッチ9」の柳澤さんが

NHK「ニュースウォッチ9」(月~金曜後9・0)のメーンキャスターを務める同局解説委員主幹の柳澤秀夫氏(54)が肺に疾患がみつかり、今後、治療に専念することが26日、わかった。  番組冒頭でコンビを組む伊東敏恵アナウンサー(35)が明かしたもので、事実上の降板となる見通し。柳澤キャスターは体調不良のため、10月31日放送分から同番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺癌検査中・眠りが浅い

 最近眠りが浅い。すぐに目が覚める。心臓の動悸がする。  さすがに生殺しの状態が続くとつらいのかもしれない。  昨日友人と会った。  「癌にしては顔色もいいし、体重も減ってないのでしょう」  「確かにね。食欲もあるし、咳とかも出ないし」  「四センチあるって、変じゃない。ぜったいそれなら何かしら症状出てるか、痩せてくるよ」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

肺癌治療・五分五分の可能性

 今日、同じ病院の癌相談室に行って話を聞いてもらった。  癌専門の相談員の看護師さんが、わたしの今までの検査結果やカルテを見ながら、  「たしかにこの腫瘤は癌かもしれないけれど、先生も確定的なことはおっしゃらなかったでしょう」  「はい、情報が少なくて、診断を確定するにはもっといろんな検査が必要だとおっしゃいました」  「そうで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

肺癌治療・検査初日

 11月20日、大学病院にて肺癌の疑いの濃い4センチ大の腫瘤の検査がはじまった。  最初に呼吸器外科にCTの画像を持って受診する。  「右の肺は上葉・中葉・下葉と3つに分かれていて、左の肺は上葉・下葉とふたつに分かれていますが、この画像によると左肺の下葉の下部に腫瘤があります。これから詳しくは呼吸器内科で検査を受けて、診断が確定次第…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

肺腫瘤発見される

CT画像検査の結果 重度の脂肪肝と診断され ここまでは予想通り また新たに左肺下に大きな腫瘤が発見され すぐに大学病院で精密検査が必要と言われた 来週すぐに受診し検査から たぶんいずれ摘出手術などのために 入院することになるだろう 仕事も休み 治療に専念したい この人気…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

誕生日の首

天使が舞い降りた そこには冷たい氷のような顔があって ただひたすら のこぎりを引いていた 明け方 天使はその羽を真っ赤に染めて 天に帰った
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数学大嫌い

見えない数字に追われて カクヘンで止まらない 新規作成は 並んだ数字の計算式で 微妙に変わってゆく ついていけない 微妙に苦しい 数字が首を絞めにくる 1+4×7-32÷5=やめてくれ ラッパが鳴る 時間がはかられて 解答が得られないものから 地獄の釜の中で …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隣のサセ子

噂でなく本物 気体を吐く怪物 その男癖は凶悪 年下の餌食は数百 くわえ込んだら離さない たぶん病気 内臓は破壊され 神経は図太い その女狂暴につき 触るあたわず 近づくと 刃物が飛んでくる恐れアリ 黙って逃げるべし ただし あちらから近づ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静脈瘤多発

モモから太腿にかけて 陰茎 あそこ くねくねと折り曲がって 浮き出ている ここは地獄の一丁目 迷路になり 遅刻をすると 地獄手帳がもらえる 生前の彼は 自慰が趣味でありまして 女性にはとんと縁遠く ついには ケツの穴に 最後は 破裂して …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅漏

いくらしごいても 出てくれない イクかと思うと 半起ちのまま いつまでたっても 射精感がない やっと起ってくれたのに 出てくれない しごきはじめて3時間 もうだめだと思い あきらめたとたん ちょろりと 泪のしずくのように 零れ落ちた ありがと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駐車場殺人事件

隣の車が自分の陣地を侵害する その家のおやじがそれを指摘し注意した それも高飛車に高圧的に一方的に それに対して彼は平身低頭に謝った その後 彼らの駐車スペースの間には きっちりと壁が作られた 彼は相変らず平身低頭に謝りながら 反撃の時を待っていた それは 少し早めにや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駐車場の隣の人

その駐車の仕方はおかしい やめろ 家のスペースにはみ出すな 路面カバーがめくれる あんた なに考えてるんだ 素直にバックして入れろよ おまえ 気をつけるんだぞ すいませんと 口先では言ったが 内心煮えくり返った思いを このやろう 八つ裂きにしてくれる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全裸ランニング

玉袋が揺れる 恥毛から汗が伝わり落ちる これは猥褻物陳列罪だ みんなの顔が苦痛と恥辱にゆがむ あの先公を同じ目に合わせよう 彼らは復讐の旗を揚げ 全裸ランニングを強要した教師を みんなで寄ってたかって全裸にひんむいた 教師は同時に射精した みんな笑った 女子は凍りついた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タミフル中毒

あの味が忘れられない 薬というハイ インフルエンザには特効薬だが わたしの妄想に拍車をかける起爆剤だ 今年はまだインフルエンザになれない 早くあの薬で逝ってしまいたい 大人から子供まで 幻覚と幻聴と 無意識の行動と 特に羽の生えた鳥のように 空高く舞い上がるその心地よさ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

歯茎が腫れています

歯肉炎か 雑菌が入ったのか それとも 神経戦か 病は気から 口から歯茎がこぼれ出る 病は口から 入ってきて こころを侵食し もはや無事ではいられない にんげんが信じられないために 信じる人もいない 歯茎から溢れる出血は 口の中に溜まり 鉄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

射精恐怖症

赤黒い精液が出てから 薬のおかげで射精はできるようになったが 生体検査のおかげで まだ前立腺に傷があり 精液が赤黒くなる可能性が高い それがいつまでつづくのか と思うと 勃起もする気力がなく これはもう男を卒業かと 以前から思っていた結論になる 腫瘍はまだ悪性にはなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more