テーマ:介護福祉

介護業界に足を踏み入れてから

パニック障害からうつ病になり 会社を休職していた その時自分に合った仕事はなにか 悩んでいた 苦しんで もしかしたら それは 介護福祉の世界に 自分の存在を 会社を辞めてすぐにヘルパーの資格を取り 介護福祉の世界に身を投じた だがはじめに勤めた社協では 事務専門で現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チアノーゼ

常識でははかれない 呼吸停止 心停止 それでも 生きている その眼は瞳孔が開き その口はだらしなく開いたまま 身体はすべて弛緩したまま動かない もうすべて終わり と思ったとき 急になにかが鼻先を横切った まるで魔法のように その人の意識がもどり またふたたびこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜咲く

待つ時間が長かった 逝ってしまった人もいた いろんなことを教えてもらった この道で生きてゆく決意が新たになった これから進んでゆくのは きっと茨の道だろう まだまだ なんだ坂こんな坂 介護福祉士として また明日から いつもと変わらぬ 勉強の一日がはじまる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利用者さんの死

2回目の死 1回目は管理者が鬼のような形相で心臓マッサージをする場面に ようやく主治医に電話をしたまるでデクノボウのような自分だった ターミナルのみとりまでするのがうちのホームの基本理念 最期までその人の尊厳を守り できるだけのことをし尽くして 死出の旅を見送るのだ 自分が死ぬときに …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第19回介護福祉士実技試験・自己紹介の名前を間違えた

こんにちは山川さん そこで次に自分の名前を名乗るのだが 突然悪魔が現れて 自分と違う名前を口走ってしまった どうしてだろう きっと試験という架空の設定で 架空の別の自分になりたかったのだろう どうせ山川さん役の人たちも ほんとうに山川さんという苗字の人はほとんどいなかっただろう だか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

介護福祉士実技試験タイムアウト

時間が足りなかった 声かけも「だいじょうぶですか」のワンパターン 説明も簡潔にできなかった 自立支援はなんとか利用者さんの立場で行なえた ボタンは全部自分ではずしてもらい 立ち上がりも歩行も 左の麻痺側から利用者さんの動きを妨げないように安全を確認しながら介助した 最後にシャワーチェアに座るのを…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

介護福祉士実技試験対策必読その2

介助の目的と内容を説明し、利用者さんの了解を得ます 必要物品の準備(車椅子・ポータブルトイレ・ひざ掛け・タオル・着替えなど) 必要なものだけ用意する 残存機能(左右・上肢・下肢・目・耳・口・手・足・ケガの有無など)の確認 声かけは利用者さんがはい(うなずく)かいいえ(首を振る)で答えられるようにする 利用者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護福祉士実技試験対策必読その1

午前・午後の試験により待ち時間が違う 午前の方は午後の方が入場されるまで外に出ることができない 午前の1番バッターはお昼過ぎまでずっと待ち続ける 順番によっては3時間近く待つ場合もある 呼ばれたら出題控え室に行く(荷物は全部持って) そこで出題の問題を読み解く(5分ぐらい) 呼ばれたら受験室に荷物を持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more