テーマ:

簿記3級合格したいです

ともかく6月に受験 申し込みしなくちゃ まだ間に合うか 早くしないと せっかく勉強していたのが 無駄になる 頑張れ老人 頑張れ高齢者 頑張れ文科系
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

データ不良

なぜかデータ送信がうまくいかない あせらずに ゆっくり 回復を待とう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

部屋の片付け アナタはいない ひとりさみしく 風が吹く こころの隙間 ひんやりと ひとり咳き込み マスクで隠す 老いの色
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不細工です

ジジイで不細工です でも真剣に生きている 社会の隅っこで ゴキブリのように たくましく 恐竜の時代から ずっとずっと 昔から今まで これからもよろしくお願い致します
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

話しかけてみる

恥ずかしいことはない 話しかけてみれば こたえてくれるかもしれない いやな顔をされたとしても あなたは後悔しなくていい 後悔は死ぬ時だけで 生きてなにかを求めている時に 後悔はしなくていい だれかに投げかけた思いは やがて他のだれかを通じて 思いがけない効果があるかもしれない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前向きに

後ろを見ることもあるが 今はともかく 集中して やれることをやり 焦らずたゆまず わが道を 突き進むだけ 雑念はいろいろあるが それも生きればこそ なにしろ 精一杯やるだけ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「余命10年」小坂流加 著を読んで

せつないが生きることを 強く考えさせられ 自分の人生を振り返る 著者は早逝されこの世にいない それでもこの作品は この世でこころに響いてくる なにかをしながら なにかをあきらめる 生きながら死を見つめ 苦悩も愛情もすべて 10年後にはなくなっている 20歳 わたしは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すべて本業

複数の本業をやり 副業はしない マルチ本業を目指しています 働き方に定型はない もはや自分のやれることを やれる範囲で そんなに儲けるつもりもなく ある程度の稼ぎを出し 老後もなんとか生活できるよう 妻と二人三脚で 生計を立てていきます
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病気遍歴

股関節脱臼症 陰嚢水腫 中耳炎 虫垂炎 痔瘻 パニック障害 うつ病 高血圧症 高脂血症 肺がん 不整脈 虚血性大腸炎 角膜炎 前立腺がん 排尿障害 痛風 腎機能低下 肝機能障害 鞭打ち症 まだまだ増えてゆく 死ぬまで不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余命

人間の人生には限りがある それは知っているけれども 知らないふり 忘れたふり 歳をとると忘れていないと あと少しかも まだ死にたくない ジタバタし始めて こころが平穏でいられなくなる わたしも同じだが 考えてもどうしようもない 忘れるために今に集中する ただ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ことばには力がある

意思や可能性を ことばにすれば 現実となる なせばなる なさねばならぬ なにごとも ならぬは人の なさぬなりけり コトダマにより 現実は呼び覚まされ 何事も 起こる きっと ことばの力で
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病人のつぶやき

いつも尿漏れがあり尿取りパット または紙おむつを使っている もう慣れた 尿漏れ防止の運動や 電気治療も続けているが なかなか急に尿があふれでる 前立腺全摘でかなり広範囲を切除 尿漏れとは死ぬまで付き合って まだ生きられることに感謝
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人の情熱は無限にある

80歳を過ぎて仕事を続ける人 同人誌を主宰して発行する人 作物を作り売りさばく人 小説や詩を書く人 設計図を作る人 製品を作る人 絵画を描き彫刻を彫り作品を作る人 教壇に立つ人 医療の現場で診療をしている人 子供を育てる人 家事をこなしている人 80歳を超えて100歳にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝る寝る寝る寝る寝る

あまり何も考えず ともかく寝る 朝までぐっすり 良い夢を はかない夢を 夢の中の夢を 今日は靴を履き忘れた夢を 見ないだろうか 靴は自分の居場所や やるべきことなど 自分がほんとうに履くべき靴は 脱ぎたくないが 夢のなかでは履き忘れ 裸足のままさまようことにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際結婚のゆくえ

国際結婚して7年目となる 結婚前とまったく変わらない まったくは言い過ぎ ほとんど変わらない 自分の時間と妻の時間 プライベートをおのおの勉強や読書やらに 月に数回はいっしょに外食 週に3、4回は妻の職場まで送迎 仕事、勉強、ジム、送迎、疲れたら寝る 食事は妻は朝食は食べない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者と仕事

今70歳定年制が話題となっています 何歳まで働けるか それは人それぞれで 働かなくても ボランティアで社会に貢献している人も 趣味を通して生きがいを求める人も 人はいろいろです わたしは働けるだけ働きたい 妻は最低でも70歳まで働いてくださいと命ずる さて 先のことはわかりませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月はしぶとく

今を楽しみ 今を学び 今に生きる それだけ 過去は振り払い 未来はあてにせずに 今だけに集中し 結果はあとからついてくるか こなくても 今を精一杯 やるっきゃない
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

校庭で

立っている少年 空は青く日差しが強く 少年の短髪が燃えている 山から生暖かい風が吹いてくる 灼熱の夏に校庭の土が沸騰する ぼくらは日陰でうずくまり 少年は太陽に挑むように空を見上げる 炎は少年と太陽の間で燃え上がる いつかここで こんな熱い闘いがあったと 校庭の伝説は残るのだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かなり難しい

いわゆる人のためにできること 限界がある できることとできないこと 同情という甘さでは 現実という厳しさの前で はかなく砕け散る 困難な状況のもと いかに具体的課題をひとつひとつ 地道にクリアしていくこと それだけしか できるだけしか かなり難しい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日もまた不条理に明け暮れて

強い者が勝つ 恐いやつが権利を取る 従わなくても大目に見られる人 権力地位交渉力金持ち 平等ではない なんとも特別別格規定外 剛腕有無を言わせず 思い通りになる人 自分を抑えて従う人 同じ条件で同じ境遇でも 歴然と差がついてしまう この世はいつも不条理に満ちている
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の日課

中国語のリスニング教本を 毎朝1時間ほど聴く 耳は喜ばないが 頭は気持ちよい リズムとスピードに 最初は戸惑ったが なんとか半分くらい聴き取れる まだ妻と叔母さんたちの会話は わからないところが多い 妻は中国人で永住権がある
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の準備

起きること なぜか一冊の教科書 音読して 目覚めを促進 歯を磨く10分間 髭を剃る5分間 ブログは 今書いている
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は今日でしか超えられない

まさに今日 思ったこと 感じたこと 勉強したこと イライラしたこと もう少しやりたかった それはそれで 今日は今日でしか超えられない 今は今でしか 明日死すとも
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たどる(2013/11/20 21:32 自分のブログ再掲)

軌跡をたどる 道なき道を歩く 氷河の溶けゆく北極を泳ぐ ミシガン湖で夢を見る 上海で蟹を食べる 饒舌に自由を語る 監禁されてもすぐに逃げ出す 砂漠でさまよう 防空頭巾をかぶりながら 砂嵐に目を閉じる 地面を掘る つま先でかかとを蹴る ずいぶん先に漁船を発見する …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝説の才能

彼はいつも寡黙で古典文学ばかり読んでいた 友だちも多く 時には暴力を振るやつや 金をせびりに来るやつなど いろんな人間と いろんな場所に行き さまざまな経験を積んでいた 彼は風の噂では 研究者になり 大学教授になったとか その才能はきっと だれもが評価するに違いない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記憶力低下

今言われた電話の相手様の名前を忘れる 朝ごはんのおかずを昼には忘れる 自分の携帯番号を忘れる 銀行のカードの暗証番号を忘れる アカウントを作ったのを忘れる 頼まれた買い物のメモを忘れる 保険の支払いの領収書をどこにしまったか忘れる 昔の職場でいっしょに仕事した同僚の名前を忘れる 職歴の一部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

職場内第二次戦争

雇われるものは 辞令を拒否して 自ら辞する だがひそかに第二弾をこめていた 洗いざらい職場の膿を出し その後の対決に備え 今はじっと静かに その時を待っている 恨みでもつらみでもない ただ粛正のため 立つ鳥は雄々しく羽ばたいて去る
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝はどこから来るのか

眠るうちにひそやかに カーテンを開けるとあっと言う間に 東の空に輝く光を見た時に どこから 空から 空気から 気温から しびれるような気 肌のひとつひとつを 目覚めさせる刺激 リフレッシュの繰り返し もしかして 近くに隠れていて 突然あらわれ どこから来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い朝

いつもより寒い ただ例年と同じくらい 平均的な気温 最近暖かすぎた 少し気温が下がると 新たな寒さを感じる 温度ではない 体感だ そういえば どんなに寒い冬も 半袖のTシャツ一枚で まったく平気な人 身体が気温になれ 体感が寒さに強くなる 寒さも暑さも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more